【彼岸島48日後…】最新話304話ネタバレや感想!2021年11月15日掲載

2021年11月15日発売のヤングマガジンにて、彼岸島48日後…の最新話である304話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

前回のあらすじ

凸様と凹様の夫婦攻撃を逃れながらなんとか凸様の体に明は一撃を食らわせました。

そのことで明の強さを認めた凸様は、地面を砕くような強力な力で明を圧倒し、門の前から明を吹き飛ばしました。

そこから夫婦で明を追いつめて来たのです。

彼岸島48日後…最新話190話ネタバレ

血で奪われた視界のまま、明は凸様の棍棒を止めます。

凸様はもう1度高く棍棒を振り上げ、明を潰そうと体重をかけて振り下ろしてきました。

明も下から勢いをつけて仕込み刀で棍棒を止めました。

 

すると、仕込み刀の当たったところから棍棒にピキピキとヒビが入り棍棒は粉々に砕けてしまいます。

武器を失い凸様は怯みます。

 

明はここで凸様を仕留めることが出来ると確信し攻撃に出ました。

すると、凹様が強大なハサミで明の仕込み刀を止めてきました。

凹様が切れ味の良いハサミで明に襲い掛かります。

 

列車も難なく切り刻むそのハサミからとにかく逃げる明は、凹様のがら空きの下半身に攻撃を仕掛けようとします。

すると棍棒を失った凸様がこれまで足場にしていた列車を軽々持ち上げ、明に向かって投げつけてきました。

 

これも明は避けることが出来ましたが、辺りは土煙に覆われます。

何も見えなくなってしまいました。

 

明が2体を探していると、土煙の中から凸様が頭を膨らませた状態で突進してきます。

避けられなかった明はそのまま凸様にぶつかられ、運ばれて行きます。

 

そして倒れる列車に衝突してしまいました。

挟まれてしまった明は血を吐きます。

 

しかし凸様は列車も頭につけたまま更に走り続け、その先にいる凹様の元へ一直線に向かって行きました。

凸様を迎える準備が出来ている凹様にぶつかられるわけにはいかない明は抵抗しますが、抜け出すことが出来ず更に凸様に掴まれて動きを封じられてしまいます。そしてそのまま、凹様に突っ込まれてしまいました。

彼岸島48日後…最新話190話感想

明が凸様凹様夫婦の最大の攻撃を食らってしまいました。

仕込み刀も封じられ流石に絶対絶命の状況だと思います。

明はこのまま戦えなくなってしまうのではないかと予想しています。

豹丸と戦う前にこれほど強いアマルガムと対峙してしまったということは、豹丸の強さはこれまでにないものであることは確実です。

もしこの戦いを乗り越えたとしても、豹丸並びに拷問野郎と戦うのはかなり厳しくなるでしょう。

鮫島たちがもっと戦力になってくれたらと思ってしまいました。

おすすめの記事