ザ・ファブル セカンドコンタクト最新話17話ネタバレや感想!2021年11月15日掲載

 

2021年11月15日発売のヤングマガジンにて、ザ・ファブル the second contact(ザセカンドコンタクト)の最新話である17話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

前回のあらすじ

真黒組の倉庫に匿われていた川萩が、遂に倉庫を出ることになりました。

海老原は川萩にまとまったお金を渡し、1年は誰にも会わずにこの町を離れるように伝えましたが、川萩は海老原の言葉を無視して最後に元カノ静に会いに行ったのです。

ザ・ファブル the second contact(ザセカンドコンタクト)最新話17話ネタバレ

どうしても静にソープを辞めて欲しいため川萩は説得を続けます。しかし静は川萩の言葉に聞く耳を持ちません。

その時紅白組のボディーガードの男2人が現れ、1人は川萩の頬にナイフを刺し、もう1人が静の口を塞ぎ林の中へ連れて行きます。

そこで川萩の頬からナイフを抜いた男は、そのナイフを川萩の手の甲に突き刺しました。

そして静に近づきます。川萩は静には何もしないで欲しいと訴えますが、静を苦しめることが川萩への罰です。

男は静のスカートをめくりあげ、このまま遊ぶと言います。そしてその後は静を自分たちの系列の店で働かせるつもりです。

どんな罰でも自分が受けると言ってどうしても静を助けたい川萩でしたが、男たちは川萩の頼みを聞いてはくれません。

静は心配してくる川萩を睨みます。そして、川萩会いに来なければこんなことにはならなかったと言います。川萩は静の疫病神です。

川萩は下を向くしかありません。

その時、後ろからガサッと音が聞こえ紅白組の男たちは音の方に目をやりました。そこには暗くてよく見えませんが人影があります。

人影は手に持っていたカバンのようなものをその場に置くと、ゆっくりと近づいてきます。

静も人影の方に目をやりました。すると、そこに現れたのは静が1度だけレンタルした頼りないレンタルおっちゃん、明だったのです。

信じられない静は無言で驚いていました。

ザ・ファブル the second contact(ザセカンドコンタクト)最新話17話感想

町を出ろと言われた川萩の勝手な行動のせいで静が危険に晒されてしまいました。

これは静がひどい目に遭った後で川萩も殺されるコースでは間違いないと思いますが、その状況を変えてくれるのが明です。

静の元に川萩は来ると予想されていたこともありますが、川萩が来なければ静は平和だったはず。

疫病神と言う言葉はまさに川萩にぴったりでした。

川萩が無力を感じたことが、明のヒーロー感を増幅させてくれたように見えました。

おすすめの記事