【サタノファニ】最新話131話ネタバレや感想!

 

最新話掲載のヤングマガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

2020年5月18日発売のヤングマガジンにて、【サタノファニ】の最新話である131話が掲載されました。

その内容や感想などをまとめていきます!

 

130話 一覧 132話

 

▼漫画を全巻無料で読めるか調査しました▼

【サタノファニ】最新話131話ネタバレや感想!

変わってゆく村

殺された弘明の葬式をする村長たち。

村人たちは『当日怪しいよそ者が村をうろついていた』などと口裏を合わせます。

『村の恥』だと言い、外には漏らさないようにしているようです。

 

龍野が現れてから村人たちは攻撃的に、凶暴になってきたようで、みんなは犯人をみつけて叩き殺すことを決意します。

薬とVR

その頃、あやは龍野に与えられたゲームのおかげで刀の扱いをほぼマスターしていました。

大げさな動きをせず、最低限の効率的な動きで敵をばっさばっさと切り倒していくあや。

ですが、そんなあやでもまだ倒すことのできない赤鬼という敵がいました。

 

あやはいつも通りそのゲームを終え、悔しそうに「また負けた」などと話します。

龍野は「もうすぐ勝てるようになる」などと優しい言葉を賭けながら、を手渡します。

 

ゲームの始まりと終わりに飲まされていた薬のようで、発火薬のようなものだったようです。

そしてその後、VRで羽黒で見せられたものと同じような映像を見せられていました。

映像を見ているうちに意識がなくなり目が覚めるとすっきるとした気分になるというもので、あやはそれを2年も続けていたようです。

犯人

ある日の帰り道。

あやは自転車で龍野の元から帰宅していると、村長の母親に遭遇します。

あやは去ろうとするも、肩を掴まれ止められてしまいます。

 

その口元は血に濡れており、後ろには男の死体が。

「間が悪い娘だね!今日は1人で我慢しようと思っていたのに!」などと言いながらあやを押し倒します。

力が強すぎてあやは振りほどくことができません。

 

あやが「くそばばあ!」と罵声を浴びせると、村長の母親は「ババアじゃない」と否定。

フリッツ・ハールマン』だと名前を名乗ります。
(ドイツの殺人鬼の名前)

 

フリッツと名乗る村長の母親は、あやの首に噛みつき殺そうとしてきます。

あやは近くにあった木の棒で首を刺して、何とか脱出。

 

人を殺してしまったことに泣きそうになるも、後ろには立ち上がるフリッツの姿が。

あやが驚き、フリッツがにやりと笑うところで終わります。

感想

なんと犯人は村長の母親でした。

最初、村長と一緒に登場した時は、腰が九の字に曲がった歩くのも大変そうな老人であったのに、なんとも凶暴な姿に変貌してしまいました。

背筋も普通で、力は普通の人ではありえないほど。

教団のメデューサのように、完全に人格が上書きされていました。

 

普通ではあやには絶対に勝つことができない相手です。

ここであやも発火することになるのでしょうか。

それとも逃げ切り村人が助けてくれるのか。

 

他の村人も凶暴化しているので、殺し合いになってもおかしくなさそうです。

あやだけは意識を保ったまま、逃げ切ることになるのでしょうか。

 

次回も楽しみです!

 

最新話掲載のヤングマガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

 

 

おすすめの記事