【極彩の家】最新話27話ネタバレや感想!2020年4月28日掲載分

 

最新話掲載のウィングスを読むなら【まんが王国】がお得です!
絵付きで読みたいという方はこちらから

登録時半額クーポン配布や最大50%ポイント還元も

 

鮮やかな色の髪を持つ色彩の子たちが住む極彩の家。

彼らの髪は貴重な顔料となります。

唯一の黒髪を持つ烏羽は、通報によって連れて来られたために、最初は周囲とうまくいきませんでしたが、だんだんと馴染んでいきます。

そんな中、烏羽は天藍の里帰りに付いて行くことになりますが、途中でルカに会うために別行動を取ります。

26話ネタバレや感想はこちら!

 

▼漫画を全巻無料で読めるか調査しました▼

【極彩の家】最新話27話ネタバレや感想!2020年4月28日掲載分

ルカがいる寺院へ向かう途中、烏羽は男とぶつかり、そいつが持っていた白い粉が色彩の子の顔料であると気付いて言葉に出してしまい、なぜわかる、と問い詰められます。

 

帽子を取られ、色彩の子だとバレると男の目の色が変わります。

「希少な白と黒が両方手に入るとはな!」

天藍は、兄達とカフェで話しをしています。

 

烏羽は恋人に会いに行ったのかと聞かれ、それは多分違う、としどろもどろながら答える天藍に、大切な人、が天藍にもいるのか?と聞かれた時にはなぜか庭師のナズナの顔が浮かぶのでした。

烏羽は後ろ手に縛られて、とある家に連れて来られます。

 

そこにはもう一人男がいて、烏羽を連れて来た男を、ルジノ、と呼びました。

二人で顔料を売る話しをしていることから、烏羽はこの二人が白髪の色彩の子を隠しているのだと確信します。

 

セッカと呼んでいる人物に余計な知識を吹き込まないように、と烏羽は一人の部屋に閉じ込められます。

男二人が出かけた気配に、烏羽は部屋の周囲を確認します。

空き家っぽい場所で、声は外に聞こえなそうで、当然鍵もかけられています。

反対側にもう一つ扉があり、格子付きながらも窓があるので、外の様子を見てみますが、そこは中庭の作りになっていました。

 

そこへ、隣の部屋から出て来たのは白い髪の色彩の子でした。

窓を叩き呼びかける烏羽に、その子は、ルジノから関わらないように言われていたのを思い出し、無視して部屋に戻ってしまいます。

諦めずに壁を叩いて呼びかける烏羽に、仕方なくその子は庭に出ます。

 

静かにするように合図して黙り込む相手に烏羽は、よく聞こえてないのかも、と自分の髪を抜いて水と混ぜて顔料にし、それで自分の手に自分の名前を書いてみせます。

 

それを見て、その子は扉の窓を開けてくれますが、字が読めないし、自分の髪が顔料になることも知らないと言います。

少しだけなら、と扉を開けてくれましたが、色彩の子だというのも知らないし、ルジノの役に立てればそれでいい、と言います。

ルジノは親に捨てられた自分を育ててくれた大切な人だと言うセッカに、烏羽は、自分がセッカの光になりたい、と伝えます。

 

一方で、約束の列車で現れない烏羽を心配した天藍がルカに問い合わせて、烏羽の捜索が始まります。

烏羽はセッカに、自分達の髪が顔料として使われることの意義を話しますが、自分の髪がルジノの役に立っている事が嬉しいと思っていたセッカには、17歳までの限定の髪だという事がショックのようで?

感想

大捜索がなされれば、烏羽は見つけてもらえそうですが、セッカが心配ですね。

それに、この件がキッカケで、烏羽やルカの気持ちに動きがあるのかな?

楽しみです。

 

最新話掲載のウィングスを読むなら【まんが王国】がお得です!
絵付きで読みたいという方はこちらから

登録時半額クーポン配布や最大50%ポイント還元も

 

▼漫画を全巻無料で読めるか調査しました▼

おすすめの記事