【パラレルパラダイス】最新話118話ネタバレや感想!みんなの願望

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

2020年4月27日発売のヤングマガジンにて、【パラレルパラダイス】の118話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

117話 一覧 119話

 

▼漫画を全巻無料で読めるか調査しました▼

【パラレルパラダイス】最新話118話ネタバレや感想!みんなの願望

罵り

ミードに酔い、「みんなの前で辱めてほしい」と自信の性癖をカミングアウトするカヅチ。

カヅチが『罵られて喜ぶタイプ』であることを思い出したヨータ。

みんなに自分のあそこを見てもらうように指示します。

 

服を脱ぎ、四つん這いになったあと、みんなに向けてお尻を突き出すようになるカヅチ。

興奮しながら泉を噴き出させます。

 

そしてヨータは自身のことを『数々の性器を見てきたマイスター』と言い、カヅチのあそこを解説していきます。

 

  • ビラが大きめ
  • お尻の穴も綺麗

 

などと解説するヨータ。

皆も興奮しながら感想を述べていき、さらに泉があふれ出るカヅチ。

 

すると何かが匂ってきました。

それは泉の匂いであり、カヅチのものは『鉄分が多くて血の味がする』とのこと。

それと尻を広げたような匂いもする、と言い、ますますむせ返るような雰囲気になっていきます。

本番開始

その匂いを嗅いで、どんどん正気を失いそうになるヨータ。

懇願するカヅチを見て、ヨータはペコにミードを持ってくるように指示します。

そしてそれを一気飲みしたあと、カヅチと激しく交尾し始めます。

 

見られながらすることでさらに興奮が高まるカヅチはあっという間にイってしまいました。

 

それを見ていたみんなも一斉に服を脱ぎ始め、交尾をせがんできて、ヨータはどうしてほしいかと訊きます。

皆は自身の欲望を伝えた後、それを全部叶えてやる、と決め顔をするヨータ。

 

ですが、そういってすぐ、寝てしまいました。

バニーユがヨータの顔を激しく叩くも、全く起きる気配はありません。

なのでみんなはヨータの体を使って勝手に楽しむことに。

 

 

ヨータが目覚めると、朝になっていました。

まわりにはぐったりと眠り続けるみんなの姿が。

そしてヨータが「またやっちまったか」と言うところで終わります。

感想

いつもの交尾するだけではなく、カヅチの性癖に合わせるようにな交尾の仕方でした。

でも結局、いつも通り交尾しまくることになるのですが…。

 

ルーミは純愛系、バニーユは中だし好き、アマネはしゃぶり好き、ペコはイケメン好き、などみんなそれぞれ。

ペコの「イケメンとしたい」との願望も、最初と変わっていなくていいですね。

仕方なくといいつつも、欲には逆らえないようです。

 

ひとまず宴が終わりましたし、次からは記憶を操る魔女の元へ行くことになりそうですね。

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 


漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。

▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事