【天泣のキルロガー】最新話20話ネタバレや感想!ゆずかの父親

 

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

まんが王国公式サイト


最大50%ポイント還元でイッキ読みに最適!

 

まんが王国の『登録方法』『解約方法}はこちらをご参考ください
まんが王国の登録方法を画像付きで解説!

 

2020年3月20日発売の漫画アクションにて、【天泣のキルロガー】の最新話である20話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

 【天泣のキルロガー】最新話20話ネタバレや感想!ゆずかの父親

ゆずかの父親

驚くヒロムに対し、ゆずかの父親が握手をするところから始まります。

 

「今度ぜひ…ゆっくりお話ししましょう…」

 

と言われ、その場を離れます。

 

ヒロムとゆずかは、二人でモモの元へ。

 

その道中、「両親のことびっくりした」と話すヒロムに「もちろん親はいるわよ」と冷たく返すゆずか。

そんな会話を交わしながら、ヒロムはよく考えたらゆずかのことを何も知らないと思うのでした。

 

喫茶店にいるモモの元へ着くと、そこには郁美の店でボーイとして働いていて、郁美の彼氏である綾島というおどおどした男性の姿が。

モモが紹介すると、綾島はヒロムに丁寧にお礼を言います。

 

ボーイが店の子に手を出すのはご法度のようで、店の人にはバレてはいけないとのこと。

ですが、綾島はお金がたまったら結婚しようと本気で考えているようです。

 

組の人が追っているものの、郁美が盗みなんてするはずがないと綾島は話します。

 

そして今からヒロムの家にお邪魔できないかとお願いするも、それは危険だとモモに止められてしまいます。

そんな綾島にヒロムは「何日いてもらっても構わないんで」と声をかけ、綾島は「すみません」と謝るのでした。

 

帰り道、ヒロムは綾島たちのことを話すも、「私には関係ないし」と無関心なゆずか。

「それよりも明日のことを忘れないでね」と言われ解散するのでした。

 

ヒロムは家に帰りドアを開けると、そこには懐かしい匂いが。

両親がいた頃のように、そこには温かいご飯が用意されていました。

 

それを見て、両親のことを思い出すヒロム。

 

そのご飯を無言で食べ始めるヒロムに気づいた郁美は「おかえりー」と声をかけた後に、「待ってよーみんなで食べようよー」と笑顔で声を掛けます。

 

すると、娘の果鈴がヒロムの元に歩いていき、「よーしよーし」と頭をなで始めます。

ヒロムは夢中でご飯を食べながら泣いていたようです。

 

ご飯を無断で食べてしまったことを謝り、「この家であったかいご飯とそれを作って待ってる人がいるなんてこと二度とないと思ってたから…」と言うヒロム。

そのまま「本当においしいです…」と涙を流しながらご飯を食べ続けるのでした。

 

次の雨の夜の日。

いつも通り、ヒロムはゆずかの食事に付き合っていました。

夢中で食事をとり続けるゆずか。

そんな彼女の姿を見て、ヒロムは「心が穏やかなのは慣れてしまったからか。それともこの数日で少しだけ気持ちが温かくなっているからか」などと考えるのでした。

 

その夜、死者たちの夢にヒロムがうなされていると、郁美が声をかけてくれました。

ヒロムが毎晩うなされていることを話すと、「ヒロム君が寝付くまでお姉さんが隣にいてあげようじゃないか」「いってみ?ため込んでいること全部」と隣に来てくれる郁美。

 

そんな郁美にヒロムは泣きながら心の内をさらけ出します。

 

  • もうやだ怖いよう
  • もう見たくないよう…殺す人の顔も殺された人の顔も
  • 俺の悪運にみんな巻き込んじゃって
  • ごめんなさい、俺のせいでみんなを不幸に巻き込んで

 

などと泣きながら、郁美にすがるように話します。

 

郁美は困惑しつつ、「わかんないけど分かった」と言い、

 

  • 安物のイヤリングだけどこれは「私の幸せ
  • 果鈴のぬいぐるみも彼が買ってくれた「私の幸せ
  • モモちゃんって幼馴染が助けてくれるこれも「私の幸せ
  • そのおかげで心優しい救世主ヒロムにも出会えた、これって悪運なんかじゃない、超ラッキーな「私の幸せ」なんだ

 

などと話します。

 

そして「君は私に幸せをくれたんだよ、ありがとう」と言うと、ヒロムは郁美の胸の中で泣き続けるのでした。

 

そして、アパートの下から、うつろな目をした男がヒロムの家を見上げるところで終わります。

感想

両親が亡くなり、誰にも相談できない中、ずっと我慢してたんですね。

郁美の包容力に、ヒロムの心も溶かされたのか、子供のように泣きじゃくっていました。

 

失くしてからわかる、と言うように、温かいご飯が待っていることの大切さが改めてわかりますね。

親にしろ妻にしろ、感謝の言葉をしっかり言葉に出しておかないとなと思わされます。

 

そしてそんなヒロムたちの元へ現れた不審な男。

見た目は完全にゆずかの父親ですが、目が昼に見たものと全くの別物です。

 

ゆずかは食事をとるときもこんなうつろな目をすることはないですが、いったいどういうことなのでしょうか。

そもそも父親が狙っているのは、ヒロムなのか郁美なのか。

 

おそらくヒロムだと思いますが、その狙いも気になるところ。

食べるのか、それとはまた別の目的があるのか。

 

おそらく、食べるのとは別の理由がありそうですが、それは次回判明することになりそうです。

 

 

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

まんが王国公式サイト


最大50%ポイント還元でイッキ読みに最適!

 

まんが王国の『登録方法』『解約方法}はこちらをご参考ください
まんが王国の登録方法を画像付きで解説!

おすすめの記事