【ヴィンランド・サガ】最新話170話ネタバレや感想!トルフィンの交渉術

 

最新話掲載のアフタヌーンを読むなら【まんが王国】がお得です!

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

 

2020年2月25日発売のアフタヌーンにて、【ヴィンランド・サガ】の最新話である170話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

169話ネタバレはこちら!

【ヴィンランド・サガ】最新話170話ネタバレや感想!トルフィンの交渉術

羊80頭

トルフィンたちの元へやってきたハーフダン。

その光景を見てかつてトールズがいたときに同じようなことがあったなと思い出します。

 

トルフィンが挨拶をしたあと、交渉をしようとすると、「取り決めに支障をきたす」と言葉を遮られます。

この奴隷を連れ帰ることで話は終わりと言い張り、コーデリアも無言でハーフダンについていこうとします。

 

トルフィンはコーデリアに「決意があってここに来たんでしょう?頑張って交渉しましょう」と止めようとするも、うつむいたまま顔を上げようとしません。

ハーフダンはコーデリアと呼ぶトルフィンに「ハルヴァルを妙な名前で呼ぶな、もめてぇのか」と言い、「彼女の本当の名です」と答えるトルフィン。

その会話の後ろから「パワハラじじぃ」「なんなんだその鎖、中二病か?」などとユルヴァのヤジが飛びます。

 

エイナルがコーデリアの値段を訊くと、ハーフダンはため息をつきながら「羊80頭」であることを話します。

驚くトルフィンですが、コーデリアは最高品質であると話すハーフダン。

 

  • 一人で10人分の力仕事をこなす
  • 従順で言いつけに逆らわない
  • 品がいい

 

とのこと。

 

エイナルが「80頭は無理」だと話し、コーデリアも「私の値段は知っていた」「一緒に行こうと言ってくださってうれしかったです」と話し去ろうとします。

トルフィンの提案

するとトルフィンは「私は牛2頭でした」と自信が奴隷だったことを話し始めます。

 

  • 働いて自分自身を買い取って自由になった
  • 運用して得た収益が稼ぎになった
  • あれはうまい仕組みだった
  • 働くほど自由に近づく。だからやる気が出る

 

と話し、エイナルもトルフィンが何を言おうとしているかに気づき、便乗して話し始めます。

 

「あれはいい制度だった」「奴隷のやる気を引き出せるかどうかは主人次第」などと話す二人。

トルフィンが元主人が「名士」と呼ばれていたと話すと、ハーフダンが口を開きます。

 

  • このアイスランドでは切り開いて畑にできるような超えた土地はどこにもない
  • よその土地ならそれでいいかもしれねぇがここでは…

 

と言ったところでトルフィンの意図に気づいたのか口を閉じるハーフダン。

 

そんなハーフダンにトルフィンは

 

「ハーフダンさん、ヴィンランドに農場を持ってみませんか?」

 

と話します。

 

何が起こっているのかわからず左右を見るコーデリア。

ハーフダンは「ヴィンランドにハルヴァルを派遣するとは限らんぞ」と話すと、トルフィンは「我々の船にも乗れる人数に限りがある。ひとりで 10人分みたいな人のほうがありがたいんですけどね」と話します。

 

ハーフダンは「お前の口車に乗るのは癪に障るがな」と言いつつも、検討してくれることになりました。

 

コーデリアがわけもわからず困ったようにしていると、トルフィンは「春が来たら一緒にヴィンランドへ行きましょう」と笑顔で声をかけます。

最初の手段

ハーフダンが去っていき、コーデリアが仲間に加わったことを喜ぶトルフィン達。

ユルヴァが呆然としつつ、「検討でしょ?喜ぶのは早くない?」と尋ねると、「油断はしない」「ヴィンランドの持つ可能性をアピールしていこう」とトルフィンが答えます。

 

ハーフダンは話の分かる人だし、同じ文化圏の人だし交渉はしやすいとのこと。

 

そんな成長した弟の姿をみてユルヴァは感心しながら、「あんたたちちゃんと商人なんだね」と言います。

なんだと思ったの?と訊くトルフィンに「一か八かの一発屋的なヤマ師的な」と答えるユルヴァ。

 

トルフィン達は「外れちゃいないよ」などと笑いながらいいます。

そしてトルフィンが「『最初の手段』さ。話せばわかる」と腕を組みながら笑顔で答えるところで終わります。

感想

コーデリアを何とか仲間にすることができました。

それも力技ではなく、ちゃんとした交渉で。

 

今回はトルフィンの成長をかなり感じることのできた回だったなと思いました。

なんでも自分の腕っぷしだけで生きてきたトルフィンが、交渉術のみで平和に解決することができました。

問題は山積みですが、これも大きな一歩ですよね。

 

これまで奴隷だった経験も活かしつつ、そのすべてがトルフィンの力になっていると思うと感慨深いです。

最後の笑顔で腕を組むトルフィンを見ると、よくぞここまで成長したな、となんだか涙が出そうになりました。

 

最新話掲載のアフタヌーンを読むなら【まんが王国】がお得です!

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

おすすめの記事