サ道の25話内容ネタバレや感想!考察や大まかなあらすじも

 

サ道の単行本を読むなら【まんが王国】がお得です!

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

 

2019年7月より、テレビ東京系列で毎週金曜 深夜0時52分放送がスタートした『ドラマ25 「サ道」』の原作マンガを紹介します。
ドラマを見て「サ道」に興味を持った方だけでなく、サウナが好きな方にもオススメなマンガですので、ぜひご覧ください。

「サ道」の25話の内容ネタバレや感想!考察や大まかなあらすじも

25話内容ネタバレ

私(大使)、イケメン蒸し男、偶然さんの3人でサウナに入っていると、イケメン蒸し男が、近くの銭湯サウナ、子供が多く、サウナにも入るが耐えきれずにすぐに出ていくと話し始める。

 

偶然さんは、ガキの頃からサウナに慣れ親しむのはと話すが、子供でもととのうのかと聞くと、

 

「ガキどもは入らんでも、四六時中ととのっているでしょ!」

「サウナの良さがわかるのは大人になってからかもしれませんな」

 

と答える偶然さん。

 

そして、偶然さんは、大使はどう思います?ガキでもととのうもんですか?と聞くので、自分の子供の頃に行った銭湯のことを振り返り始める。

 

  • 広い浴室
  • 高い天井
  • ゆずが大量にプカプカ
  • 丸太が浮いている風呂もあった
  • 電気風呂
  • ケロリン
  • サウナ
  • 水風呂
  • ピンボールゲーム
  • 炭酸飲料
  • 肩もみマシーン

 

なんであんなに面白かったのか、私にとって銭湯は初めてづくしのワンダーランドだったと呟く。

そして、国語の授業で出た作文の課題で、銭湯のことを書くと、その時の作文が学区内のコンクールで賞を取り、みんなの前で読むと、意外とウケた結果、クラスの中で銭湯通いが流行り始めた。

 

そして、みんなで行った銭湯の帰り道、ある女の子のことを考えながら、こんなことを思いながら自転車に乗って帰った時のことを思い出す。

 

  • もしかして可愛いかもしれないと思った。
  • 帰り道、夜空の星々は激しく瞬き
  • 私はとってもいい気分だった。
  • 火照ったカラダを夜風でクールダウン。
  • 今ならわかる
  • 私は湯冷交代により、ととのっていた
  • 無自覚であったが、まぎれもなくととのっていた

 

ここで、大使! と呼ばれるので、ハッキリ言いますけどね、ガキでもととのいます!

と断言するのであった。

 

ただ、可愛いと思った女の子とは何もなく、残念だったと振り返るのであった。

感想や考察

今回の話では、子供がサウナでととのうのかという話題から、私(大使)の子供の頃、銭湯に行った時のことが中心になっていました。
作文の内容が良かったのか、クラスで銭湯が流行るのは面白かったですね。

 

色々なお風呂があったり、子供でなくても楽しめますね。
どこかの銭湯に行きたくなってしまいました。

 

ただ、女の子について、好きだと思っていたら、違った結果になっていたのかと気になってしまいました。

 

サ道の単行本を読むなら【まんが王国】がお得です!

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

おすすめの記事