アルキメデスの大戦最新話179話内容ネタバレや感想!考察やあらすじも

 

最新話掲載のヤングマガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!
絵付きで読みたいという方はこちらから

登録時半額クーポン配布や最大50%ポイント還元も

 

2019年7月29日発売のヤングマガジンに掲載されているアルキメデスの大戦179話『アメリカの腹案』。

前回は、櫂がペースを乱し、日本が優位になるように話をし、一度退出しています。

そして、今回から本格的に会談が始まります。

アルキメデスの大戦最新話179話内容ネタバレや感想!考察やあらすじも

内容ネタバレ

 

会談の場を離れ、別室で待機している間、日本側の人は皆がみな、櫂の手腕を褒め称えていました。

 

しかし、ただ一人納得がいかず、

 

「いいかげんにせんか!」

 

と机をバンっと叩きながら牟田口が一喝。

 

「この会議はわしが取り仕切ると言ったのを忘れたか!」

「櫂少将君は何を勝手にしゃべっているのだ!

わしに断りもなく発言することは我が陸軍を侮辱する行為だ!今後交渉の場で勝手な発言をすることは許さん、嫌なら即刻日本へ帰れ!」

 

と、怒り狂った様子で櫂に指摘。

櫂は、申し訳ありませんと謝罪をするも、

『馬鹿馬鹿しい』

と、心の中では思うのでした。

 

場面は米側に変わり、櫂のことを高く評価するものの、現在日本側で起こっていることを予想。

 

また牟田口のことを

 

自己顕示欲が強い

強気一辺倒でくる

 

と予想し、米側も譲らないことで膠着状態にもっていこうと考えます。

「日本が妥協しないなら戦争をするしかないと通告するのみ」

と決めます。

 

ただ、米側も心中は意見が分かれており、

 

  • 陸軍は戦争したい
  • 海軍はしたくない
  • フィリピン軍元師大将ダグラス・マッカーサーはフィリピンさえ守ってくれればいい

 

という感じです。

 

西太平洋が主戦場となるため、実際戦うのは海軍であり、海軍は

 

『冗談ではない。日本と戦争をして真っ先に血を流すのは我ら海軍だ!本当にあのような恐ろしい戦艦が海を渡り攻めてきたらどれだけの被害と犠牲が出ることか!』

 

と心の中で思っています。

 

ただ、米側は戦争をする方向へ持っていこうということで意見が固まってきたので、海軍も『覚悟をしなくては』と心のうちで思います。

 

2時間後、会談が再開すると

 

会談を非公開とする(公式ではある)

議事録は英文と日本文で記録して保存する

会談を合計8回とし、追加は認めない

(8回で締結できなければ打ち切りとする)

 

という条件を米側が提示。

 

櫂は「反対してください」と牟田口に言おうとするも、「よかろう」とあっという間に条件を飲んでしまいます。

 

「では本日はこれで終わりとしましょう」

 

と会談は終わってしまいました。

 

交渉は8回

それも一方的に決められてしまった。

米側は想像以上に強気で高圧的だ。

その背景はなんだろう

 

と櫂が考えるところで終わります。

感想

あっという間に条件を飲んでしまいました。

その意味を深く考えないのでしょうか?

 

この状態で櫂がどう対策を練るのでしょうか?

 

最新話掲載のヤングマガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!
絵付きで読みたいという方はこちらから

登録時半額クーポン配布や最大50%ポイント還元も

おすすめの記事