【サタノファニ】最新話120話ネタバレ!根津のやばすぎる趣味

 

最新話掲載のヤングマガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

2020年2月3日発売のヤングマガジンにて、【サタノファニ】の最新話である120話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

 

119話 一覧 121話

 

▼漫画を全巻無料で読めるか調査しました▼

【サタノファニ】最新話120話ネタバレ!根津のやばすぎる趣味

円のマーダーモデルである『エドモンド・エミール・ケンパー3世』の解説が入るところから始まります。

解説後、円はハンマーを振りかぶり、窓や壁を破壊する様子を見て『カレンよりもパワーが上か?』と考えます。

また、あやの動きにぴったりついてくるほどの速さに『千歌よりも速いのではないか』と予想します。

 

その様子をモニターで確認する龍野。

 

  • 五菱とは違って、薬物を使った洗脳と催眠術による偽のエピソード記憶の構築によって造り上げている
  • 洗脳により元人格を消し、殺人鬼の記憶を植え付けると人格そのものが変貌
  • 真言にて凶暴性を引き出すこともできる
  • ミラーニューロンよりも確実で精度が高い

 

などと一人で解説。

また、龍野はあやの姿を見て、「まさかあの村の…」と何かに気づきました。

千歌とカレンのもとにも新たな敵が

その頃、千歌とカレンは、勃起する平と対峙していました。

下品な会話を交わす3人。

平がウキウキしながらどうするかと考えていると、千歌とカレンを挟むように、後ろからひよ里が部屋に入ってきました。

形勢逆転だな」という平。

根津のやばすぎる趣味

カチュアは拘束されたままハンバーグを押し付けられていました。

レイカのモノだと思い込み、必死に顔を背けるカチュア。

ですが、そこに男二人に連れられたレイカがやっていきました。

 

その姿をみて安心するカチュア。

人の心配をするそんなカチュアをみて、「本当に殺人鬼かイ?」と尋ねる根津(ジェフリー)。

 

カチュアは

 

  • 殺人鬼かて無差別に殺しているわけやない
  • (お前のは)こだわりを感じんわ

 

などと吐き捨てるように言います。

 

すると根津はカチュアの腹を思いっきし蹴り上げます。

 

人の趣味にけちつけんじゃねーょ」と怒る根津。

すると根津は男二人にレイカを犯すように指示を出します。

 

「たちませんって」と嫌がる二人。

根津はカチュアの下着を切り落とし、「ババアはオナホに使え。最高のズリネタを用意してやるよ」と服を脱ぎ始めます。

 

得意げにペニバンをつける根津。

男二人組もやる気になってきたようです。

 

すると、レイカが男に話しかけると、男二人を投げ飛ばしてしまいました。

 

そしてレイカが

 

「ここは私が通った道場…これ以上の狼藉は許しませんよ。根性叩き直してあげます」

 

と言うところで終わります。

 

最新話掲載のヤングマガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事