【半沢直樹】漫画1話のネタバレや感想!モーニングにて新連載開始

2013年7月より、TBSテレビ系列「日曜劇場」枠で放送された池井戸潤原作ドラマ「半沢直樹」がマンガ化されました。

2020年4月より、「半沢直樹」の続編がTBSテレビ系列「日曜劇場」枠で放送されますので、このマンガで前作品を振り返りましょう!

 

絵付きで最新話を無料で読む方法

 

この記事は文章のみのネタバレです。

「絵付きで最新話を読みたい!」

というあなたには31日間の無料期間中に600円分ポイントがもらえる
U-NEXT
という電子書籍サービスがおすすめです!

 

登録も簡単なので、今すぐ最新話を読むことができますよ。

▼31日間無料トライアル実施中!▼

※31日間内に解約しても違約金は一切かかりません

 

Sponsored Link




【半沢直樹】漫画1話のネタバレや感想!モーニングにて新連載開始

平成4年。

産業中央銀行入行式に出席した半沢直樹は、近くに座った渡真利忍から話しかけられる。

渡真利「ちなみに俺はプロジェクトファイナンス志望。

未来を左右するような大事業に関わりたいと思っている。半沢くん、きみは?」

半沢「俺は・・・もっと上に行きたい。上に行って・・・やることがある」

 

現在。

バブル崩壊後、多額の不良債権を抱えた産業中央銀行は生き残りを懸け、2002年に東京第一銀行との合併を実行した。

その結果、世界第3位のメガバンク“東京中央銀行”が誕生した。

関西地方の支店は、およそ50店舗あり、中でもこの大阪西支店は、大阪本店、難波店、船場店と並ぶ4大支店のひとつである。

その大阪に支店に半沢直樹が着任して2年、今、最大の窮地を迎えようとしていた。

 

3ヶ月前。

融資課長・半沢がマキノ精機に対して、3000万円の融資を取り付ける。

しかし、会議において、副支店長・江島より、

・期末まで1週間しかない
・本部から言われた目標融資額100億円を達成するには、あと5億円足りない
・3000万円なんて、ちっぽけな融資じゃ焼け石に水

と叱責されてしまった半沢が反論すると、支店長・浅野より、

・目標額まで後少しのところまで来れたのは、融資課長である半沢のおかげ
・だからこそ、あと一息、榛沢の力を借りたい
・融資金額100億円を達成すれば、大阪西支店は最優良店舗の栄冠を獲得できる
・そうすれば、関西で名実ともに」トップ10になれる
・だからなんとしても、5億の実行が必要
・西大阪スチールにまとまった資金需要があるようだから、伺って話を詰めるように

と指示されるのであった。

 

西大阪スチールに行った半沢と中西は、20分ほど待たされた後に、社長・東田のところに案内される。

半沢と中西が東田へ名刺を出すと、東田よりなんのようかと言われてしまう。

半沢は、浅野から聞いた融資の件でというと、東田の反応はよくない。

浅野からどうしてもと言われたようであり、運転資金として5、6億円の融資と東田が話すと、半沢は検討すると答える。

これを聞いた東田は激怒するも、半沢は検討するというにとどまる。

 

半沢は大阪西支店に戻り、浅野支店長に西大阪スチールの融資に関して、気がかりがあると報告するが、浅野は「私が!全責任を負うと言っている!」と融資を決行するのであった。

その結果、大阪西支店は最優良店舗を獲得するのであった。

 

2ヶ月後。

 

西大阪スチールが赤字を起こしたことが明らかになる。半沢たちが調べたところ、粉飾決算であることが判明する。

東田のところに半沢が行くも、「あんたらは粉飾も見抜けずに、金を貸した間抜けの集団だ」と言われてしまうのである。

 

1ヶ月後。

 

西大阪スチールは多額の不渡りを出し、倒産をしたのであった。

5億円の回収の見込みが難しいと江島に報告するが、叱責されてしまう半沢である。

半沢は「すべて俺になすりつける気か・・・!?」とつぶやくのである。

感想や考察

堺雅人主演で社会現象を巻き起こしたドラマ「半沢直樹」がマンガになりました!

2020年4月よりドラマの続編が放送されますので、このマンガを読んで振り返りましょう!

さて、第1話は、西大阪スチールの5億円の融資を浅野支店長が決行するも、西大阪スチールが倒産してしまい、5億円の融資の回収が難しくなったことを、江島副支店長から叱責されてしまうところまで描かれました。

マンガを読んでいても、半沢直樹役の堺雅人さんや浅野支店長役の石丸幹二さんなどの顔が浮かんでしまいました。

さて、このマンガはどこまで描かれるのか、楽しみです。

 

Sponsored Link




最新話・最新刊を無料で読む方法!

  • 文章ではなく、『絵』で続きが読みたい!
  • 無料で漫画が読みたい!

 

そんなあなたには、無料期間に600円分のポイントがもらえる『U-NEXT』がおすすめです!

 

 

  • 31日間の無料キャンペーン!
  • 無料期間に600円分のポイント付与
  • 電子書籍購入時40%のポイント還元
  • アニメや映画の見放題が充実!

 

31日間の無料お試し期間があり、その際にもらえる600円分のポイントで電子書籍を楽しむことができます。

特に、電子書籍購入の際の『40%ポイントバック』が、かなりお得です。

 

これにより、普通に漫画を書店で買うよりも圧倒的にお得に漫画を購入することができるんです!

 

また動画の見放題もかなり充実しており「ないエンタメがない」というキャッチフレーズも過言ではありません。

そのため電子書籍やアニメなどの動画を楽しむのに、U-NEXTは本当にオススメのサービスです。

 

登録も解約も簡単ですし、無料期間に解約しても違約金は一切かかりません。

 

▲U-NEXTで電子書籍を楽しむならこちらから▲

本ページの情報は2020年2月時点のものです。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

また、【登録から解約までの流れはこちらをご参考ください。
おすすめの記事