【GIANT KILLING】最新話539話ネタバレや感想!2020年1月30日掲載分

 

最新話掲載のモーニングを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

アジアカップで準決勝まで進んだ日本代表。対戦相手はオーストラリア代表である。

前半戦を2−2の同点で折り返した両チーム。

後半戦に入ると、オーストラリア代表のサリバンに逆転ゴールを決められただけでなく、アレックが負傷退場してしまう。ブラン監督がアレックの代わりに選んだのは夏木!

538話ネタバレはこちら!

【GIANT KILLING】最新話539話ネタバレや感想!2020年1月30日掲載分

アレックの代わりにピッチ上に入った夏木は、椿がゴール前にセンタリングを上げたボールに向かいながら

・こんな大事な場面で切り札として使ってもらって・・・
・監督の期待に応えられなかったら・・・
・プレーヤー以前に・・・
・男がすたるってもんだろよ!!

とつぶやき、ジャンプすると、ゴールキーパーと接触してしまい、キーパーチャージを取られてしまう。

 

主審に「でぇ!?俺のファウル!?」と抗議する夏木であるが、「一応言っただけ」とつぶやくと、センタリングを上げた椿に

「ナイスだ、椿!」
「今みたいなの、どんどん来いよ!」

と話すので、椿は「ウスっ、その調子っス、夏木さん!」と答える。

 

記者席では、この夏木のプレーに対して、一様に称賛する。

特に、藤澤は、去年まで代表に縁のなかったETUの選手たちが日本中の期待を託されてピッチに立っていることに感動するも、本当にETUのすごさを証明するために結果を残して欲しいと願うのであった。

 

椿が城島にパスを送ると、城島はパスを受ける前に、夏木がいいポジションにいるのを見て、「よし」とつぶやいたあと、「受け取れ、モジャ頭!!」といいながら夏木にパスを出す。

パスをゴールライン側で受け取った夏木は、センタリングを上げるもゴールキーパー真っ正面に飛んでしまい簡単に取られてしまう。

クロスをしくじった夏木は、自分が通用しているのは、アレックが相手の体力を削ってくれたからだと思い、アレックに向かい、心の中で「サンキュー、アレック!!」と礼を言うのであった。

 

一方のオーストラリア代表ベンチでは、夏木についてはあまりチェックしていなかったようであり、のびのびプレーをされてしまっていると話をしている。

そして、オーストラリア代表も選手を入れ替える。

右サイドのSBとウインガーの2人を交代させるのである。

これを見たイアンは

・交代は俺じゃないのか・・・
・そして・・・
・右サイドを入れ替えたってことは・・・

とつぶやきながら、監督の方を見るのである。

 

試合が再開すると、パスを受け取った花森に向かい、ライアンがファウルすれすれのプレーでボールを奪うと、こぼれ球を取った選手がイアンにパスを送る。

イアンは、代わりに入ったウッドにパスを送ると、マークしていた江田が「抜け出される方がまずい」とつぶやきながら、ウッドを倒してしまい、イエローカードを受けてしまう。

これで、両チームのセンターバックが同じ条件となったのである。

 

オーストラリア代表の監督は

・そうだ、コヴァル・・・
・相手の息の根を止めるために
・ここからお前の左足を存分に活かしてこい・・・!

とつぶやくのであった。

感想や考察

前回、ブラン監督に送り出された夏木は、椿からのセンタリングに対してつっこみながらもゴールキーパーに接触してしまったり、城島からのパスを受け取りクロスを上げるがゴールキーパー真っ正面になったりと、いいところまでいくのですがゴールに結びついていない感じがします。

ある意味、日本代表がもたもたしているとき、オーストラリア代表は右サイドの選手を2人入れ替えてきました。

サリバンとのいざこざがあったので、自分が交代させられると思っていたイアンでしたが、監督の出した結論は、イアンを活かすためのものでした。

両チームが行った交代がこの試合にどのような影響を与えるのか。

この後の展開がどのようになるのか、楽しみです。

 

最新話掲載のモーニングを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

おすすめの記事