2020年1月18日発売の月刊Gファンタジーにて、【メイデーア転生物語】の漫画の新連載が始まりました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

最新話を無料で読む方法!
     電子書籍サービス比較 
無料で読めるかどうか
U-NEXT 今すぐ読める
music.jp 今すぐ読める
FOD 今すぐではないが読める
ebookjapan 読めない
kindle store 読めない
BookLive! 読めない
絵付きで漫画を読みたい!というあなたには、31日間の無料期間中に600円分のポイントがもらえる
U-NEXT
がおすすめです。
 U-NEXTの特徴 
    1.  無料で今すぐ漫画を読める! 
    2.  アニメや映画の見放題が充実! 
    3.  電子書籍40%ポイント還元でまとめ買いもお得! 

 

登録後、すぐに漫画を読むことができますし、登録も解約も簡単ですよ(^^)

 

登録から解約までの流れ

 

▼31日間無料トライアル実施中!▼

※31日間内に解約しても違約金はかかりません

 

Sponsored Link




【メイデーア転生物語】漫画1話ネタバレ!本格ファンタジー小説のコミカライズ始動

ある東京の学校への登校中、赤髪ロングの小田一華と茶髪ショートの田中愛理が挨拶を交わしているところから始まります。

すると、自転車に乗りすれ違いざまに同級生の斎藤徹が「寝癖ついてんぞ」と、一華の寝癖をに触って去っていきました。

 

一華は顔を赤くさせながら「朝から人のことからかって」とつぶやいていると、その様子をみた愛理が「あたしも斎藤君がすきかもしれない」とささやいてきました。

その言葉に「え…」と驚く一華。

笑顔で「告白してもいいよね」と言うと、先に走っていきました。

 

心の中で一華は、いつも自分の真似をしてついてきた愛理に、好きな人まで真似しなくてもいいじゃないと思い、ため息をつきます。

 

その後、教室にて何気ない会話を交わす一華と斎藤。

一華は「田中さんが伝えたいことがあるから放課後屋上に来てって」

と伝えます。

 

放課後になり、一華は「恋なんてもういい。受験が最優先」などと心の中で考え、斎藤への気持ちを自分の中に押しとどめます。

すると、フードを被った金髪の青年とすれ違います。

一華は新しい教師かな?と振り返ると、屋上で愛理と斎藤が楽しそうに談話しているところを見てしまいます。

 

あきらめようと思っていた一華ですが、「やっぱりいやだ」と思い、屋上まで駆け上がります。

 

ですが、屋上のドアを開けたときに広がった光景は、血だらけで倒れる斎藤と愛理でした。

その光景を見て茫然と立ち尽くす一華。

すると、先ほどのフードの男が一華の背中をナイフで一刺し。

 

男はフードをとると、「メイ・デーア」と言い、一華をつかみ屋上から落とします。

落ちる間際、一華は男の「何度生まれ変わっても、俺はお前を必ず殺す」という言葉を聞きました。

 

一華は、「もっと早くにこの片思いに決着をつけていれば」と後悔します。

地上に頭からぶつかる寸前、「もし生まれ変わることがあるのなら、好きな人に好きだと伝えられる自分でありますように」と願います。

 

そして地上に落ちた瞬間、それが夢であることに気づき、飛び上がります。

「なーんて馬鹿な女の夢なの!」と頭をくしゃくしゃする赤髪の少女。

 

「せっかくの11歳の誕生日に後味の悪い夢をみせないでちょーだい!」

といいながら部屋の窓を開けます。

 

するとそこは『ルスキア王国東端デリアフィールド』という場所で、先ほどの日本とは全く違う場所でした。

『一華』の夢を見ていたのは、この国の少女『マキア・オディリール』という少女。

 

マキアは部屋を出て、父親の『エリオット』に話しかけます。

 

笑顔でマキアを出迎える父。

二人は誕生日のプレゼントを買いに行くことになります。

魔法に使うマンドラゴラの苗、朝焼けの雫…など、欲しいものをあげていくマキア。

 

家を出る前に母親の『ジュリア』に止められ、口紅を塗られた後、

「本当に欲しいものがあるならしっかりお父様と交渉なさい。良い『魔女』とは欲しいものを必ず手に入れる女のことよ」

と見送られます。

父と母のちちくりあいを見た後、馬車で移動することに。

その馬車に揺られながら、マキアは、物心ついた時から誰かはわからないけど『誰かに会いたい』という渇望だけはあると考えるのでした。

 

街につき、父親が用事を済ませている間、マキアは店の骨董品を物色していると、外である少年を見つけます。

『指輪なしで魔法を使っている』その少年に興味を惹かれ、マキアは「それ魔法を使って浮かせているんでしょう?すごいわ!浮遊魔法って難しいのに」と声をかけます。

 

ですが、少年は無視。

マキアは自分が魔女であることを話すと、少年の魔法を見て『面白いと思った』ことを伝えます。

 

すると、少年は「奴隷の仕事を見るのが面白いなんてさすがは貴族のお嬢様だ。見た通り意地が悪い」と口を開きます。

 

マキアは「嫌味を言ったわけじゃ」と言うと、少年の足枷に目を奪われます。

「その鎖…」と何かを訊こうとすると、少年は

 

「この世界には誘拐されて奴隷になる子が大勢いる」
「俺は親に売られた」
「それがどういうことかあんたにはわからないでしょうがね」

 

と言います。

 

マキアは『わかるわよ。それがひどいことだってことぐらい』と心の中でつぶやくと、笑顔で「私が鎖を切ってあげる!」と言います。

魔法を使って少年の足枷を焼き切るマキア。

自慢げに「どう?なかなかでしょ?」と言うと、少年は何かに怯えるように無言になります。

 

すると、「小僧!罪には運び終わったのか!」と大声で話しかけられます。

そこには少年の所有者であろう大男の姿が。

焼き切られた鎖を見て、大男は「逃げようとしやがったな!」と少年に殴り掛かります。

 

マキアはかばうように「鎖を溶かしたのは私よ!」と前に出ると、大男はマキアをつかみ上げます。

「こいつは高値で売れるぜ」と嬉しそうに舌なめずりする大男。

 

少年が貴族の子であることを伝えるも、マキアをつかむ手を放そうとしません。

 

すると店から父が怖い表情で話しかけてきました。

その姿を見て大男は「オディールの旦那様…」と驚きおののきます。

 

マキアはその状況ににやりと笑うと、大男の腕をつねりながら魔法で焼きます。

すると、驚いた大男はマキアを投げ飛ばしてしまいます。

 

頭から地面に落下するマキア。

「今朝の夢の二の舞…」と思ったら、マキアが地面にぶつかる寸前、少年が浮遊魔法をかけて助けてくれました。

 

それがきっかけでマキアは「わたしこの子が欲しい!」と、少年の腕をつかみます。

 

驚いて固まる一同。

大男が「買い手がついている」「瞳が希少なんだ」などと止めようとすると、少年の目を確認する父。

その瞳の色が魔力を最も宿しやすい色だということに気づきます。

 

  • この子には魔法の才能がある
  • 優秀な魔術師が育てばオディール家復興にもつながる

 

と説得するマキア。

父も、

 

  • 500年続く名門にも関わらず衰退の一途をたどっている
  • そろそろ優秀な魔術師を輩出すれば助かる

 

と考えます。

 

娘の必死の説得に父が根負けして、少年を買い取ることに決めます。

大男に魔術をかけて無理やり少年を買い取って家に連れて帰ります。

 

母も面白がっているようで、少年をすぐに受け入れます。

 

マキアは少年をお風呂に入らせるも、少年は「ここが悪名高いオディール家か…」と警戒を解くことはありません。

 

母に髪を整えてもらい、きれいな服を着させると、マキアは『誰かに似ている』ことに気づくも、誰なのかは思い出せません。
(冒頭の夢に出てきた斎藤)

 

身だしなみを整え、母がご飯の準備のために出ていき、二人になると、少年は「知っているぞ。オディール家…悪い魔女の一族だ」と話しかけます。

目玉や骨を材料にするとのことで、自分が材料にされるのではと心配する少年。

 

マキアは「まさか!」とほほを膨らませます。

少年はマキアの意図が理解できません。

 

マキアは

 

  • 奴隷として終わらせていい子じゃない
  • だってこの世界は『メイデーア』だもの
    (大魔術師たちが時代を動かしてきた世界の総称のこと)

 

と話し、少年に絵本の物語を聞かせます。

 

500年前は偉大な3人の魔術師がいて、その3人を止めたのがトネリコの勇者。

その3人のうちの一人で、勇者を自爆に巻き込んで死んだ『紅の魔女』がオディール家の先祖だと話します。

 

「この世界における魔法の才能は世界を動かす力になりえる。あなたにはその可能性がある」

と話し、改めて自己紹介をするマキア。

 

少年は名前なんて親に捨てられたときに一緒に捨てたそうで、マキアが代わりに名前を付けることに。

マキアは夢の中の斎藤徹の姿を思い出すと、「あなたの名前はトールよ!」と言います。

 

「頭の中に降ってきた」「いい響き」と自画自賛するマキア。

トールも照れて顔を隠します。

 

  • あなたがまた鎖でつながれるようなことがあったら私が溶かしてあげる
  • だから二人で大魔術師を目指しましょう
  • お互いを高めあえるような誰かを探していた
  • よろしくトール

 

と手を差し出すマキア。

 

トールも、「わかりましたよお嬢様。あんたについていってみます。意外と面白そうなので」

とその手を握り返します。

 

そして

『この時私たちがメイデーアを大きく動かす存在になるなって知る由もなかったの』

とセリフが入るところで終わります。

 

Sponsored Link




最新話・最新刊を無料で読む方法!

  • 文章ではなく、『絵』で続きが読みたい!
  • 無料で漫画が読みたい!

 

そんなあなたには、無料期間に600円分のポイントがもらえる『U-NEXT』がおすすめです!

 

 

  • 31日間の無料キャンペーン!
  • 無料期間に600円分のポイント付与
  • 電子書籍購入時40%のポイント還元
  • アニメや映画の見放題が充実!

 

31日間の無料お試し期間があり、その際にもらえる600円分のポイントで電子書籍を楽しむことができます。

特に、電子書籍購入の際の『40%ポイントバック』が、かなりお得です。

 

これにより、普通に漫画を書店で買うよりも圧倒的にお得に漫画を購入することができるんです!

 

また動画の見放題もかなり充実しており「ないエンタメがない」というキャッチフレーズも過言ではありません。

そのため電子書籍やアニメなどの動画を楽しむのに、U-NEXTは本当にオススメのサービスです。

 

登録も解約も簡単ですし、無料期間に解約しても違約金は一切かかりません。

 

▲U-NEXTで電子書籍を楽しむならこちらから▲

本ページの情報は2020年2月時点のものです。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

また、【登録から解約までの流れはこちらをご参考ください。
おすすめの記事