【ヒットマン】最新話76話ネタバレ!昔交わした約束を果たすとき

2020年1月15日発売の週刊少年マガジンにて、ヒットマンの最新話である76話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

75話ネタバレはこちら

 

絵付きで最新話を無料で読む方法

 

この記事は文章のみのネタバレです。

「絵付きで最新話を読みたい!」

というあなたには31日間の無料期間中に600円分ポイントがもらえる
U-NEXT
という電子書籍サービスがおすすめです!

 

登録も簡単なので、今すぐ最新話を読むことができますよ。

▼31日間無料トライアル実施中!▼

※31日間内に解約しても違約金は一切かかりません

 

Sponsored Link




【ヒットマン】最新話76話ネタバレ!昔交わした約束を果たすとき

オーディションが終わりかけたころ、その場にある少女が床にこけながらやってくるところから始まります。

少女はサブヒロイン役でやってきた『13エンタテインメントの神宮路若葉』だと自己紹介します。

 

リストに若葉の名前はないようでしたが、一人辞退したことを聞いてマネージャーに頼み込んだとのこと。

すると現場に行けと言われたようで、急いで駆け付けたといいます。

先生のすごいファンなんです!と言う若葉に、せっかく来たんだしとやってもらう方向に。

 

ですが、龍之介は先ほどのヒロイン役の話をしたいようで、立石に抗議するも、「しつこいぞ。ヒロインは古橋麻由だ」と話を聞いてくれません。

「もういいんです」と龍之介を止める翼。

 

そうしていると、若葉のオーディションが始まります。

若葉は今年事務所に入った高校2年生だそうで、現場の人間は誰も知らないような無名の新人とのこと。

演技をし始める若葉。

 

立石は「さすがは噂の問題児だぜ」「今回以上の声優が集まる可能性はまずないだろ」と先ほどの龍之介のやり取りを思い出しながら考えます。

そうしているうちに、若葉のオーディションが終わったようで、「聞いてなかった、どうでした?」と翼に訊くと、「うまい下手とかじゃなくそもそもイメージと違う」と答えます。

みんなが納得する中、龍之介は何かに気づいたようで、「君さ…ヒロイン役もできる?」と訊きます。

 

「お前なぁ!」と怒る立石に「たった一言二言でしょ!?お願いします!」と説得します。

『どこまで現場を引っ掻き回せば気が済んだ』と思う立石。

 

すると、翼も聞いてみたいと言い、若葉も「できます!やらせてください!」と主張し、周りも「いいんじゃないの?先生が言うなら」と言うことでヒロイン役も聞いてみることに。

 

若葉は激しくリップロールをした後、「しゃ!準備OK!」と言い、演技を始めます。

そしてその第一声を聞いた瞬間、翼や立石の表情が一変します。

 

「イメージと…ぴったり…」と驚く翼と、無言で驚く立石。

龍之介は「よっし!」とガッツポーズを浮かべ、「この子で決まりでしょ!」と龍之介が言います。

 

ですが、

  • さすがに新人声優ってのは…
  • うちはアニメがこければその時点で赤字なんだよ
  • 投資したお金をコミックで回収できる出版社とは違うんだ

と言われ、無言になる龍之介と翼。

 

「立石さんからも言ってくださいよ。とてもじゃないがそんなリスクは負えません」と言われると、立石は昔、自分が同じように意見を聞いてくれなかったことを思い出します。

「もう時代が違うんですよ」と言われたことを思い出しながら、立石は心の中で『俺はそういう時代に辟易としていたんだ』とつぶやきます。

そして、「いいんじゃないですか新人!責任は全部俺が負いますよ」と答えます。

 

その言葉に驚く一同。

立石は続けて「ちまちまと小銭稼ぎの勘定してんじゃねぇよ。いいか?アニメってのはなぁ情熱を賭けて一発を狙うギャンブル!大博打よ!」と言います。

 

製作陣が無言になり、音響担当が「ついに勝負師が目を覚ましちまった」と言います。

「古橋をヒロインから外すってことか?」と訊かれた立石は「そうだ」と答えると、翼がある提案をします。

それは古橋をサブヒロイン役にするという提案でした。

 

その話を立石が本人に頼みに行きます。

  • 先生がそっちのほうがぴったりだから頼んでほしいって
  • ヒロインとして声をかけたしプライドもあるだろう
  • いやなら断ってもいい

と気まずそうに話す立石。

 

すると、古橋は「新人の声を聞いてどう思ったのか」と尋ねてきました。

立石は「商売抜きならこの子しかいねぇって思ったかな」と正直に答えます。

 

その言葉に古橋は

  • あなたがそういう人だからオーディションに来た
  • 7年前無名だった私をイメージ通りだと最後まで推してくださった人だから

と言います。

 

古橋は昔、「君は必ず売れる!その時絶対俺が担当するアニメに出てくれ!」と立石に言われ、泣きながら「はい。ありがとうございます」と答えた時のことを思い出します。

 

「じゃあ…」と訊く立石。

古橋が「やっとあの時の約束を果たせます。サブヒロイン役、ぜひ私にやらせてください!」と笑顔で答えるところで終わります。

 

Sponsored Link




最新話・最新刊を無料で読む方法!

  • 文章ではなく、『絵』で続きが読みたい!
  • 無料で漫画が読みたい!

 

そんなあなたには、無料期間に600円分のポイントがもらえる『U-NEXT』がおすすめです!

 

 

  • 31日間の無料キャンペーン!
  • 無料期間に600円分のポイント付与
  • 電子書籍購入時40%のポイント還元
  • アニメや映画の見放題が充実!

 

31日間の無料お試し期間があり、その際にもらえる600円分のポイントで電子書籍を楽しむことができます。

特に、電子書籍購入の際の『40%ポイントバック』が、かなりお得です。

 

これにより、普通に漫画を書店で買うよりも圧倒的にお得に漫画を購入することができるんです!

 

また動画の見放題もかなり充実しており「ないエンタメがない」というキャッチフレーズも過言ではありません。

そのため電子書籍やアニメなどの動画を楽しむのに、U-NEXTは本当にオススメのサービスです。

 

登録も解約も簡単ですし、無料期間に解約しても違約金は一切かかりません。

 

▲U-NEXTで電子書籍を楽しむならこちらから▲

本ページの情報は2020年2月時点のものです。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

また、【登録から解約までの流れはこちらをご参考ください。
おすすめの記事