【BUNGO(ブンゴ)】最新話214話ネタバレ!強敵を前に笑う石浜

 

最新話掲載のヤングジャンプを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

2019年12月26日発売のヤングジャンプにて、【ブンゴ】の最新話である214話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

【BUNGO(ブンゴ)】最新話214話ネタバレ!強敵を前に笑う石浜

「石浜くんの最大の武器はカーブだよ」と河村が言うところから始まります。

石浜の投げるカーブは

『頂点に達して曲がり始め、ベース盤に近づくにつれ落下しながら加速してくる』

と言い、まるで二度変化しているようだと評価します。

 

そして、「僕と同じ世界線で対話できるのは君だけなんだ」とカーブを要求してくる河村。

石浜は「ないだろ」と答え、河村と対話も希望を聞くこともないと心の中で思い、ボールを投げます。

すると河村はバットを耳の横に寝かせそのまま振り下ろす打法でボールをバットに当ててきました。

ボールはファウルだったものの、これはわざと微調整のために飛ばしたもののようです。

 

当てることに特化した打法であり、飛距離は出にくいものの、河村の力があれば策越えも可能とのこと。

 

河村は紅白戦からずっと石浜のことを分析し、対策を練ってきていたようで、あのときの立花よりも遥かに危険だと評価。

なおも「カーブ投げない?」と言い続ける河村。

どんな球を投げたとしても、会場の誰もが、河村の打つ姿しか想像できません。

 

ここで打たれれば全てが終わる。

試合だけでなく、大会そのものが。

 

そんな状況であるのに、石浜は笑っていました。

 

最新話掲載のヤングジャンプを読むなら【まんが王国】がお得です!

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

おすすめの記事