【呂布奉先飛翔伝】最新話3話ネタバレ!呂布と孫堅どちらが真の強者か

2019年11月25日発売のコミックゼノンにて、終末のワルキューレ異聞『呂布奉先飛翔伝』の最新話である3話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

【呂布奉先飛翔伝】最新話3話ネタバレ!呂布と孫堅どちらが真の強者か

漢の董卓がご飯を食べながら、呂布を手に入れようと動き出すところから始まります。

董卓は、優秀な人材を発掘し、登用することで、急速に力を強めてきました。
中華統一のために必要不可欠な戦力として、呂布を登用しようと目論見ます。

 

その後、馬4頭で引かせた戦車に乗りながら、董卓の人材登用職長である伍瓊(ごけい)は、「果たして手綱をかけることができましょうか…?」と尋ねます。

董卓は「だから良いのだ。天下を喰らうには『龍』がいる。この首を噛みちぎるような豪竜がな」と言います。

 

そんな話をしていると、クマが大量に死に絶え、大木が倒れて地形が変わっている土地に着く二人。

そしてその先に、呂布の姿を発見します。

呂布は自身よりも大きい大岩を積み重ねることで鍛錬していました。

 

その姿を見た伍瓊は『破格の待遇を持って迎える』ことを伝えるも、「失せろ」と話を聞く耳も持ちません。

すると董卓は「さぞ辛かろう?その強さゆえの退屈という煉獄に生き焼きされ幾星霜。心中察してあまりある」と泣きながら言います。

戦車を降り、「強いやつと闘りたくはないか?」と言う董卓。

ですが呂布は「強者とは天下においてただ我のみ。天上天下我以外、須らく弱者なり」と腕を組みながら答えます。

 

董卓は呂布の目の前まで歩み出ると、「呂布奉先をわしに喰らわせてみよ」と自身の頬を叩きます。

呂布は軽く董卓の顔面を殴ります。

董卓は上半身がそるほどの衝撃をうけ、鼻血が出て歯も数本折れるも、倒れることなく体勢を戻し、「美味!」と一言。

 

次は董卓が呂布の顔面を殴ると、呂布は少し体がそるも、すぐに何事もなかったかのように戻ります。

すると呂布は、笑いながら「お前…なかなかいいぞ」といい、続けて「訊こう。この天下に強者はいるか?」と訊きます。

董卓は体に力が入りすぎ鼻血を出しながら「いるッッッ!」と言い、『江東之猛虎 孫堅文台』の名を出します。

そして呂布が『ニイ』と笑うところで終わります。

 

 

Sponsored Link




最新話・最新刊を無料で読む方法!

  • 文章ではなく、『絵』で続きが読みたい!
  • 無料で漫画が読みたい!

 

そんなあなたには、無料期間に600円分のポイントがもらえる『U-NEXT』がおすすめです!

 

 

  • 31日間の無料キャンペーン!
  • 無料期間に600円分のポイント付与
  • 電子書籍購入時40%のポイント還元
  • アニメや映画の見放題が充実!

 

31日間の無料お試し期間があり、その際にもらえる600円分のポイントで電子書籍を楽しむことができます。

特に、電子書籍購入の際の『40%ポイントバック』が、かなりお得です。

 

これにより、普通に漫画を書店で買うよりも圧倒的にお得に漫画を購入することができるんです!

 

また動画の見放題もかなり充実しており「ないエンタメがない」というキャッチフレーズも過言ではありません。

そのため電子書籍やアニメなどの動画を楽しむのに、U-NEXTは本当にオススメのサービスです。

 

登録も解約も簡単ですし、無料期間に解約しても違約金は一切かかりません。

 

▲U-NEXTで電子書籍を楽しむならこちらから▲

▲登録から解約までの流れはこちら▲

本ページの情報は2020年1月時点のものです。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

Sponsored Link




おすすめの記事