【お嬢様はお仕置きが好き】最新話14話ネタバレや感想!
漫画を安くお得に読む方法

 

この記事は文章のみのネタバレです。

「絵付きで最新話を安く読みたい!」

というあなたにはまんが王国という電子書籍サービスがおすすめです!

 

 まんが王国の特徴 
    1.  無料会員登録時すぐに半額のクーポンがもらえる! 
    2.  漫画購入時、最大50%ポイント還元! 
    3.  各種キャンペーンでさらに安く購入できる! 

 

登録も簡単ですし、無料会員なら基本的に解約する必要はないので、とりあえず登録しておいても損はないですよ。

 

▼無料会員への登録はこちらから!▼

 

夏樹の兄、春一に騙され、監禁されいやらしい仕打ちを受けた桃。

夏樹に助けてもらい、夏樹の部屋で暮らすことに。

 

夏樹の部屋で桃は夏樹にたっぷりお仕置きをされ、眠りについてしまう。

翌朝目覚めた桃は、なぜか鎖がつけられていた。両手両足を拘束されたまま、ある辱めを受けながら部屋に一人放置される桃。

夏樹は、桃を部屋に軟禁状態にしたまま、桃の父に同居の許可をもらいにいっていたのだった。

なにも知らない父親を安心させて、夏樹が部屋に戻って来た、というのが、前回までのお話です。

【お嬢様はお仕置きが好き】最新話14話ネタバレや感想!

帰宅した夏樹に、桃が

「夏樹くん、…これ、取ってください…この、中に入ってる“もの”です」と言っていた。その“もの”。

それは、夏樹が外出する何時間か前に、桃の中に入れたのだった。

 

今回の漫画は、夏樹が出かける前、桃が目覚めたところから始まった。

「おはよう桃♪」桃が目を覚ますと、足に鎖がつけられていた。

かろうじて部屋の中は歩き回れるが、外には出られないようになっている、と説明する夏樹。

桃は昨日のお仕置きの事を思い出しながら、夢だったのかも、と考えていた。

 

夏樹が手作りしてくれた朝食を夏樹のベッドで食べて幸せな気分になる桃。

夏樹が優しくしてくれるので、幸せな気分になり、昨日あんなにお仕置きされて、しかも春一に汚されたことで夏樹に嫌われたのでは、と心配していた気持ちを忘れそうになっていた。

 

その時、桃を抱きかかえた夏樹。

桃の大事なところにくちゅくちゅと音を立てながら、何かをいれた。

春一と2人きりになったお仕置きという夏樹。

入れたのは、“マッサージ器”という夏樹。

一定の間隔でピクッと弱い振動で動くので、桃は声を出してしまう。

 

夏樹は桃の手を背中で縛り、動けないようにした、

「…イッちゃダメだよ…帰ってくるまで耐えてね♪ 」

 

気持ち良くなっちゃダメ!!部屋に一人放置された桃は、機械の振動に耐えながら考えていた。

夏樹は桃が恋人の資格があるかを試しているのかと。

今まで気持ちよくなることをしてくれる時には、いつも一緒にいてくれた夏樹が、桃を一人ぼっちで放置したまま一人で出かけると言う事は、本当に怒っているのだ、と考えていた。

 

その時、夏樹が帰宅してきた。夏樹は桃の父親に、自分の部屋で桃と一緒に暮らすことの許可をもらいに行っていたのだった。

 

桃は、本当は夏樹に気持ちよくしてもらいたくて仕方なかったけれども、今の自分にはそんなことを頼む資格はないと思い、ただ、外してほしいと言う事をお願いした。

(本当は、桃におねだりしてほしかった夏樹はがっかりしていたがそのそぶりを見せぬまま)桃の中に入れていたマッサージ器を取り外したようだった。

今度は、春一と行った春一の絵の個展についてどうだった?と聞く夏樹。

桃がどれもステキでしたと答えると、夏樹は、昔から春一からいろいろ見せられてもどれもいまいちピンとこなかったと言った。

でも桃がステキというなら、見てみようかな、と言いながら、画材道具を取り出していた。

そして、春一と二人きりで会ってはいけない、と強く言った。

 

そして、画材道具から取り出した筆に絵の具をつけ、桃の足に筆で色を塗りながら、くすぐるようにし、「もう二度と春一と一緒に絵を見ない、と言って」そう言うのだった。

筆が肌の上をすべるくすぐったさで、桃は筆が触れるたびに声が出てしまっていた。

息を上げながら「もう、二度と、春一さんと、絵を見ません…」と言う。

言い終わる頃には、桃の体は絵のようにいろいろな色で彩られていた。

 

こんなことや、体に道具をつけられたりするのは、夏樹が自分に失望したせい、春一に汚された桃は、もう夏樹の好きなキレイなお姫様ではないと感じているから、と思った桃は、どうか見捨てないで、と夏樹に懇願する。

完璧な恋人になれず、ごめんなさいと。

 

それを聞いた夏樹は、桃が自分のことを変態と思って拒否していた、と思っていたと言った。それを聞いた桃は涙を流しながら

「私に変態なことをしていただけるならとても嬉しいです」と言った。

たまらなくなり、桃を押し倒して長いキスをする夏樹。

夏樹は今まで桃に辛い事をしてきてごめんね、と謝り、桃の胸に唇をはわせ、優しくキスをした。

夏樹に触れられ、ピクっと反応し、快感に震える桃。

 

次の瞬間、桃は夏樹の上に馬乗りになり、「今度こそ私から夏樹くんを気持ちよくさせてあげたいです」と言い、夏樹のシャツのボタンを外し、夏樹の体に触れる…「どこが気持ちよいのか言って下さい」と言う桃。

夏樹も息をあらげながら感じているよう。

 

その時、はっ、と驚いた様子の桃。「すごく固いです、ここが。どういうことですか?大変です!」と夏樹に向かっていうのだった。

ほほえむ夏樹…。

◇感想

前回の話、たしかに桃は部屋に放置されていたようでしたが、いろいろ謎が多かったので(つないだままってベッドに固定なのかとか、桃の中に入れられた『もの』ってなんなのとか)今回の話を読んで、納得できましたね。

そして、桃と夏樹、お互いに思っていた誤解がやっと解けてすっきりしました。

桃は、夏樹にとっては、春一に触られていやらしい事をされた自分は、もういらない子なんじゃないか、と思っていたようでした。

また、夏樹は春一が、夏樹が変態であることを、桃に誤解するような説明をして、桃が自分のことを変態と嫌っていると思っていたようです。

 

今回のお互いの発言で、夏樹はキレイでけがれのないお姫様が好きなのではなく、キレイなお姫様になろうと努力する桃が好きだと言う事を伝えられたし、また桃は、夏樹にだったらどんな変態な事でもしてほしいくらいに、好きだと言う事を伝えられました。

倒錯した世界観なのですが、綺麗な言葉や絵で、なぜか「アリかも…」と思ってしまうのが、このマンガの不思議なところ。面白いからいいですが。

ついに、自分から夏樹を気持ちよくさせてみたい、と思うようになった桃、大胆に触ります。

どうなってしまうのか…でも、ここまで性知識ゼロだとショックが大きすぎて大変なことになりそうな…続きが楽しみです♪

最新話・最新刊を安くお得に読む方法!

  • 文章ではなく『絵』で続きが読みたい!
  • とにかく安く漫画が読みたい!

 

そんなあなたには、最大50%ポイントバック各種キャンペーンによりさらに安く漫画を読むことのできる『まんが王国』がおすすめです。

 

 

  • 購入費用の最大50%ポイントバック!
  • 安く購入できるキャンペーンが豊富!
  • 無料登録時、漫画が半額になるクーポンがもらえる!
  • 無料で配信されている漫画が多い!

 

初回登録時、半額のクーポンがもらえる上、最大50%のポイント還元があるので、かなりお得に漫画を読むことができます。

他にも、時間帯や曜日別にクーポンが配布されていたり、キャンペーンなど、漫画を安く購入するための要素が盛りだくさん。

これにより、普通に漫画を書店で買うよりも圧倒的に安く、お得に漫画を購入できるんです!

 

また、無料で読める漫画作品がたくさんあり、暇つぶしにも最適です。

登録も簡単ですし、無料会員であれば基本的に解約の必要はありません。

登録時すぐに半額のクーポンももらえるので、ひとまずクーポンだけ使って放置でもありです。

お得なキャンペーンも随時開催されてますので、登録しておいて損はないですよ。

 

▲まんが王国を無料で試してみる!▲

 

また、【登録→漫画を読む→解約までの流れはこちらをご参考ください。
関連キーワード
最新話ネタバレの関連記事
おすすめの記事