【ヒットマン】最新話70話ネタバレ!春日先生のトラウマ

 

最新話掲載の週刊少年マガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

 

2019年11月20日発売の【週刊少年マガジン】にて、【ヒットマン】の最新話である70話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

69話ネタバレはこちら!

【ヒットマン】最新話70話ネタバレ!春日先生のトラウマ

ギャグとエロに方向転換したおかげか、天谷先生の漫画は14位になり、着々と順位をあげていきます。

一方、春日先生は18位まで落ち込み、その順位を見て「そんなバカな」と春日先生は焦り出します。

 

龍之介はなんとかしようと考え、春日先生のもとへ行きます。

「このままでは打ち切りになってしまいます!」という龍之介に、読者に媚びるだけの連載は嫌だと言い、「己を貫いて打ち切りになる方を選ぶよ」と言う春日先生。

 

なんとか説得しようとする龍之介ですが、「特集記事を組んでもう少し人気を取る努力をしてくれよ!無能編集の君だってそれくらいの仕事はできるだろう!」と言われ、「すみません」と龍之介は謝ります。

 

その様子にイラついた春日先生は、「ここまで言われて腹も立てないのか?男として君を軽蔑するよ」と部屋の中へ入ってしまいました。

 

 

会社に戻った龍之介は、そのことを敷島に話します。

「ひどいですね、その言い方は」という敷島。

 

龍之介は「俺の怠慢だよ」と返し、「どうして春日先生が編集を拒絶するんだろう」と言います。

敷島は、「何かトラウマでもあるんでしょうか」と言います。

 

「ただ座って原稿を待つだけじゃ、春日先生の言う通り、おれは無能なのかもしれないな」と落ち込む龍之介。

その言葉に、「剣崎さんは優秀だと思います!私はすごく尊敬してます!」とフォローする敷島。

 

ですが、龍之介は落ち込んだままです。

 

そんな龍之介に、敷島は自分のシャツのボタンを外し、胸を出して「揉みますか?」と言います。

「何してんだお前!?」と赤面しながら驚く龍之介。

 

敷島は、「こんなことしかできませんが」と少し目を逸らします。

 

龍之介は、大丈夫!と全力で断るも、その様子を綿貫に見られてしました。

 

その頃、春日先生は若い頃のことを思い出します。

小さい頃に『これで連載しよう』と決めていたネタを持って行ったとき、編集にボツにされてしまいます。

ですが、そのボツにされた話を、編集者の目論見で、他の先生に丸々パクられてしまっていました。

 

ずっと大事にしていた話をパクられた過去を思い出す春日先生。

「あれで僕のデビューは数年遅れた、しかも自分の作品をまんまと盗まれて。編集者なんて信じてすがっていたら弱い作家はみんな食い殺されるんだよ」

と春日先生が言うところで終わります。

 

最新話掲載の週刊少年マガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

おすすめの記事