【バイトメーカー~王様のΩ〜】最新話11話ネタバレや感想!

2019年11月1日発売の「&FLOWER」2019年45号掲載分です。

謎の車椅子の少女に出会った秀吉。秀吉の鼻は彼女が発する強烈な香りから、Ωだと主張する。秀吉がΩにこだわる理由はラットというαの発情期が近いからなのか?

Ωの強烈な香りに倒れた秀吉…車いすの少女はどこに行ったのか?というのが前回までの話。

 

 

バイトメーカー~王様のΩ~の単行本を読むなら【まんが王国】がお得です!

▲最大50%ポイント還元でまとめ買いするなら一番お得▲

 

まんが王国の『登録方法』『解約方法}はこちらをご参考ください
まんが王国の登録方法を画像付きで解説!

 

前の話 一覧 次の話

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【バイトメーカー~王様のΩ〜】最新話11話ネタバレや感想!

なぜかベッドには花が敷き詰められ、手にはお見舞いのバナナが握らされていた。

幸村の弟、幸が秀吉の上に乗ってよだれを…垂らす寸前に、目を覚ました秀吉。

 

すぐにでも、例の車いすの少女を探しにいこうとする秀吉だった。しかし、従者たちに手足を拘束され、ベッドに固定されてしまう。

お見舞いに来た幸村に、自分が倒れたときに、偶然Ωに会ったこと、生まれてはじめて嗅いだにおい、Ωのにおいだったと。(そのにおいを嗅いだからか、倒れてしまい、今も気分が悪いのだが…)

 

秀吉は、Ωを守りたいという思いを持っている事を伝える。幸村は、Ωがどうとかいう事とは関係なく、自分は、『まめるの事が好き』なんだと伝える。大切な物を失うな、と秀吉に言う。

幸村が帰ったあと、秀吉は、考えていた。Ωに会えたら浮き足だつと思っていたのに、どうしてこんなに気持ちが悪いのか、と。

 

・・・

 

その頃、信長は、豪華なケーキやスイーツが目の前にあるのに、不機嫌になっていた。そのわけは、この前のプールでの一件から、信長に対して嫌悪感をもったのえるが、信長を拒絶してきたから。

俺が貸し切りにしたプールに勝手に入ってきたんだから、車イスだろうが、プールに落として何が悪いのか…

 

そこに、ランが慌てた様子で駆け込んできた。それは、のえるが、『従者の仕事をしばらく休みたい』と書き置きをして出て行ったから。

 

怒りを露にする信長。

「ラット(発情期)前だが…のえるを孕ませてやる」

 

・・・

 

その頃、のえるは、秀吉を見舞いに行っていた。そこで、秀吉の恥ずかしいポーズを見てしまう!慌てて帰ろうとする…。

赤面して恥ずかしそうにする秀吉。そんな事をしていたのではない、ということをのえるに伝えた。それは、足につけられた拘束具を外そうとしていただけだった。

 

のえるに手足の拘束具をはずしてもらった秀吉。拘束具の跡をのえるに拭いてもらう。タオル越しに感じるのえるの感触に興奮してしまう。

そこに、昨夜のホテルの従業員が現れた。例の車イスの少女の事を調べるように秀吉が依頼していたのだった。だが、ホテルの入退記録はおろか、防犯カメラなどにもいっさい記録は残っていないといった。

 

「あの時の…」のえるもその場にいて覚えていたので、気になったようだった。

 

その後も、のえるに偶然に手が触れるだけでも、ドキドキしてしまう秀吉。ラット(発情期)が近いんだ、あまり近づくなという。ラットという言葉を聞いて緊張と恐怖を感じたのえるの気持ちを、秀吉はかぎとっていた。

 

秀吉は、昨日ホテルのプールに現れた車イスの少女から、Ωの香りがした、とのえるに言います。Ω、という言葉を聞いて身を固くするのえる。

 

でも、信長はのえるの事はΩだと気づいていないようだった。

 

秀吉は車イスにのっていたΩの少女は、足が悪いようだったので、守りたいと思い、探しているといった。だが、のえるはその言葉を信用できなかった。

(結局自分の愛玩物にして、子を孕ませようとしているだけなんでしょう)

 

そう考えていたのえるは、自分でも無意識に悲しい香りを発していた。その香りをかぎとった秀吉は、思わずのえるを抱き締めた。こんな香りを発していたら、抱きしめたくなってしまう…その腕のなか、のえるの香りは悲しい香りから恋の香りに変わっていくのを秀吉は感じていた。

 

その頃、幸村は信長と街を歩いていた。そこで、偶然ある人とすれ違う二人。その、ある人、は、フードをかぶり、板チョコレートを食べながら歩いていた。指には「DEATH」と、タトゥーがされていた…。

◇感想・考察

いろいろと、伏線だらけで、今回だけではストーリーが展開しませんでしたね!

ホテルのプールのあらゆる記録に残っていない車イスの少女はいったいどこにいってしまったのでしょう?あらゆる記録に残っていない…これは信長の情報操作でしょうか?

秀吉は気をうしなっていしまったけれども、その場にのえるは居たのですからのえるは真実を見ているはずです。

そして、Ωの香りをはじめて嗅いで、興奮する一方、気持ち悪さもおさえられなくなっている秀吉。

身近にいるΩ(ひた隠しにしている)のえるの香りに気づかないのは、何でなんでしょう?でも、これはきっと、秀吉がのえるに恋しているから、のえるが発するフェロモン以上に、恋する香りを感じているせいで感じないのでは?と思いました。あくまで憶測ですが。

 

そして、最後に出てきたフードの者…男か女かすらわかりませんでした。なんだか、前髪の感じが、例の車イスの少女のようでしたが、まさかそんなこと…。

 

いろいろなヒントが次のストーリーの展開に大きく関わって来そうな予感がします。

続きがとっても気になりますね!

 

バイトメーカー~王様のΩ~の単行本を読むなら【まんが王国】がお得です!

▲最大50%ポイント還元でまとめ買いするなら一番お得▲

 

まんが王国の『登録方法』『解約方法}はこちらをご参考ください
まんが王国の登録方法を画像付きで解説!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事