漫画を安くお得に読む方法

 

この記事は文章のみのネタバレです。

「絵付きで最新話を安く読みたい!」

というあなたにはまんが王国という電子書籍サービスがおすすめです!

 

 まんが王国の特徴 
    1.  無料会員登録時すぐに半額のクーポンがもらえる! 
    2.  漫画購入時、最大45%ポイント還元! 
    3.  各種キャンペーンでさらに安く購入できる! 

 

登録も簡単ですし、無料会員なら基本的に解約する必要はないので、とりあえず登録しておいても損はないですよ。

 

▼無料会員への登録はこちらから!▼

 

Sponsored Link




2019年10月25日発売のコミックゼノンにて、終末のワルキューレの外伝である『呂布奉先飛翔伝』の連載が始まり、1話と2話が一挙掲載されました。

本編にて、北欧の神・トールと対戦した呂布の生前の物語が語られるとのこと。

天下最強の男の生前が描かれる公式のスピンオフ作品。

その内容をまとめていきます!

【終末のワルキューレ異聞『呂布奉先飛翔伝』】1話2話ネタバレ!

1話ネタバレ!

『天下最強は誰だ?』

という問いから始まります。

 

そして、『誰が最強であるのか』と複数の武将たちが紹介されていきます。

 

  • 56万の大軍をたった3万の軍勢で破った西楚の覇王、項羽なのか。否!
  • 18年間無敗の武将、岳飛なのか。否!
  • 常勝の軍事の才賢、白起。否!
  • 漢時代の風雲児、衛青。否!
  • 怪力の将軍、陽大眼。否!

 

などと、歴戦の猛者たちの戦うシーンと共に、言葉がつづられていきます。

 

『最も勇ましく最も恐れられ最も誇り高い、天下最強はただ一人、人はその男を戦神と呼ぶ』

という言葉と共に、呂布が愛馬に騎乗する後ろ姿が描かれます。

 

馬に乗り戦場をかけて、後ろをついて走る陳宮たち部下。

 

先頭を走る呂布が敵将の体を馬ごと真っ二つに叩き切り、

『その男の名は呂布奉先』

と呂布が矛を構えるところが描かれます。

 

そして、

『これは何者にも縛られず、数多の戦場を翔けた、飛将・呂布奉先の伝説である。』

という説明が入るところで1話は終わります。

2話ネタバレ!

『天下最強と謳われた男、呂布奉先。彼が天へと到達するまでに残した7つの伝説、こいつを一つ一つ語ろうではないか』

という言葉からとうとう物語が始まります。

 

「急げ!早く戻らねば!」と馬に乗り戦場を駆ける陳宮とその部下たち。

袁術軍の大将軍、紀霊が3万の軍を引き連れて侵略してきました。

自らを皇帝と称した袁術は、徐州を手にするため、小沛の劉備軍、下邳の呂布軍に向け、紀霊を差し向けました。

 

「陳宮様!早急に戻り防衛策を練らねばなりませぬ!」という部下の言葉に「まずは生きて戻ろうぞ!」と答える陳宮。

紀霊の軍に追われる形で逃げる陳宮ですが、部下の一人が相手の弓矢により、殺されてしまいます。

 

続けて射ろうとする部下を止めて、紀霊は「ネズミ一匹逃したところでどうとでもなる」と言い、陳宮を見逃しました。

 

呂布軍の下邳城に戻った陳宮は、3万の大軍にどう対処するのか頭を悩ませます。

すると、後ろからやってきた呂布が「陳宮よ、何を悩んでおる」と声をかけてきました。

 

陳宮は、

 

  • 小沛では、二千の劉備軍が3万の袁術軍に包囲されている
  • 小沛が落ちれば、次は下邳城に進軍してくるが、呂布軍は八千しかなく、到底叶わない

 

と、状況を説明します。

すると呂布は、「ならば頭(ここ)を落とせばいい」と紀霊を表す駒を指さします。

 

その言葉に、「真正面から討つには2万の兵が必要です!」と言う陳宮ですが、呂布は「兵は不要だ」と言いながら呂布を表す駒を押し進めて、「こうすれば届く」と、紀霊の駒を倒します。

 

陳宮は半分呆れたように「不可能です!」と説明すると、「ほう、我に不可能だと…?」と構える呂布。

 

一方その頃、劉備玄徳は小沛の城の上から「どうしたもんかねぇ〜」と袁術軍を眺めます。

張飛は大量の酒を飲みながら「血がたぎるってもんだろう!」と言い、関羽は「この身が果てようとも玄徳(長兄)の命だけは必ず守らねばならぬ」と言います。

 

そして再び、「戦って誇らしく死ぬか、降伏し惨めに生きるか、どうしたもんかねぇ〜」と敵軍を眺める劉備。

 

すると、戦場に陳宮を一緒に馬に乗せた呂布が、ただ一人で現れます。

呂布の姿に気づいた袁術軍は、「呂布が出たぞー!」と呂布を避けて、呂布の前に道ができます。

 

その道を堂々と進みながら名乗りを上げ、

「此度の戦を終わらせに参った!」

と宣言します。

 

その言葉に「来おったか…」と嬉しそうに笑う紀霊。

虎に騎乗した紀霊が、呂布の前に歩みを進めます。

 

両者向かい合い、「3万もの我が軍を単騎で止めるとほざくのか」と言うと、「如何にも」と呂布。

 

すると紀霊は、「一つ賭けをしようではないか」といい、はるか遠くに離れた丘の上に立つ「戟」を弓で射抜けば戦を終わらせる、外せば呂布の命をもらう、と提案してきます。

 

陳宮は「絶対に不可能」だと呂布を止めようとするも、また呂布はその「不可能」という言葉に反応し、馬を下ります。

そして、「ここからあの戟を射ればいいのだな?」と訊くと、紀霊は部下に弓矢を持ってこさすように指示。

紀霊は心の中では、「万が一届いたところで我らには秘策がある」と考えます。

 

弓矢を渡してくる紀霊の兵士に対し、呂布は「いらん」と言い、陳宮に持ってきた旗を渡すよう指示を出します。

一人で持つにはあまりにも重すぎるその旗を渡され、それを片手で受け取りながら「これで良い」と言う呂布。

 

そしてその旗を投擲するために構えます。

 

戟のある丘では、紀霊の部下が「俺にお任せください」と棍棒を構え、何やら企んでいる様子です。

 

そして呂布は巨大な旗を一気に投擲。

丘の上の男ごと戟を打ち抜き、旗は丘の上に刺さり、呂の文字がはためきます。

 

劉備軍も袁術軍もその場にいた全ての人間が驚き慄き、3万の軍は戦意喪失し、戦は幕を閉じました。

 

呂布は旗を見ながら、「陳宮よ、どうだ」と笑顔で陳宮の方へ振り向きます。

感激し涙する陳宮。

 

戦を終え、城に戻った陳宮は一人で「しびれましたよ!」とテンション高めでその時のことを語ります。

「いやぁ〜敵の軍勢が割れパァーっと道が開いた時の景色ったらもう〜!」

などと、話し続け、『196年徐州 戟を射る』という文字が描かれて2話が終わります。

 

Sponsored Link




最新話・最新刊を安くお得に読む方法!

  • 文章ではなく『絵』で続きが読みたい!
  • とにかく安く漫画が読みたい!

 

そんなあなたには、最大45%ポイントバック各種キャンペーンによりさらに安く漫画を読むことのできる『まんが王国』がおすすめです。

 

 

  • 購入費用の最大45%ポイントバック!
  • 安く購入できるキャンペーンが豊富!
  • 無料登録時、漫画が半額になるクーポンがもらえる!
  • 無料で配信されている漫画が多い!

 

初回登録時、半額のクーポンがもらえる上、最大45%のポイント還元があるので、かなりお得に漫画を読むことができます。

他にも、時間帯や曜日別にクーポンが配布されていたり、キャンペーンなど、漫画を安く購入するための要素が盛りだくさん。

これにより、普通に漫画を書店で買うよりも圧倒的に安く、お得に漫画を購入できるんです!

 

また、無料で読める漫画作品がたくさんあり、暇つぶしにも最適です。

登録も簡単ですし、無料会員であれば基本的に解約の必要はありません。

登録時すぐに半額のクーポンももらえるので、ひとまずクーポンだけ使って放置でもありです。

お得なキャンペーンも随時開催されてますので、登録しておいて損はないですよ。

 

▲まんが王国を無料で試してみる!▲

 

また、【登録→漫画を読む→解約までの流れはこちらをご参考ください。
関連キーワード
最新話ネタバレの関連記事
おすすめの記事