【アラサープロポーズ】最新話ネタバレや感想!2021年9月10日掲載

 

2021年9月10日発売「&FLOWER」2021年38号にて、「アラサープロポーズ」の最新話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

【アラサープロポーズ】最新話のネタバレ!

~前回までのあらすじ~

33歳キャリアウーマンのさおり。11歳年下のイケメン後輩社員水樹と、歳の差カップル。
ラブラブなふたりだけど、お互いの友人には年齢差で惹かれることが多かったり。

水樹の学生時代の友達に紹介されたけれど、まだ、さおり自身の友人には水樹と付き合っていることを内緒にしていて…というのが、これまでのお話です。

・新卒くんにも慕われて…

水樹と相変わらず仲良く、日々楽しそうに過ごしており、仕事中も、資料室にいこうとするさおりにさりげなく「僕も」とついてくる水樹、二人きりになると…「ちょっとだけ」とキスしたり。充実した日々を過ごしていた。

そんな様子は、久しぶりあった他部署の女友達にも、なんとなく気づかれていた。
新卒くんにも慕われてて、調子良いみたいじゃない、と言われる。
それだけじゃなく、「もしかして彼氏できた?」と聞かれる。

「実は…」とさおりが答えると、驚いた様子!さっそく話を聞かせて、とさおりを飲みに誘うのだった。

水樹に、久しぶりに会った他部署の友人と、飲みに行くことをつたえるさおり。

水樹は、「どうぞ」と言ってくれる。
遅くなるなら迎えに行く、と言ってくれた。

・本気にしちゃダメよ

昼間会った友達と飲みに行くさおり。
ふたりともさおりと同世代。彼氏ができた、といさおりに、誰なの?と興味津々…実は、と水樹と付き合っていることを、さおりは正直に話した。

驚く二人!あの、新卒くんが!何歳差?などと聞かれる。
これからどうするの?と聞かれたさおり、照れながら「結婚しようって言われてる」と答える…。

女友達は、呆れたように、若い子が結婚しようって言うのと、私たちの世代が結婚しようと言うのでは、重さが違う。と言われる。

さおりは(一理ある)と思いつつ、「私は今、一緒にいたいから」と幸せそうに言うのだった。
(今が一番楽しい時期…大丈夫かな、とちょっと心配な表情も見せる、アラサー友人達だった)

・・・

飲み会の帰り道、さおりは「水樹くんをちゃんと紹介してよ?」と言われる。
(水樹くんは会社の人に紹介することも嫌がらなさそうだけど…)と思いつつ、なんとなく乗り気じゃないさおり…。
迎えに来てもらうついでに、みんなに水樹を紹介することに。

「さおりさん!」水樹が現れた。
水樹は友人たちをみて、自分から自己紹介をする。

これが例の…という様子の二人だった。
さおりのどんなとこがスキなの?と聞かれた水樹、「うーん優しいし、(他にもいろいろ)さおりさんの全部が好きなんです」その素直な答えに思わず女子みんなドキドキしてしまうのだったw

その時、さおりの女友達の一人が店に忘れ物をしたことに気づき、取りにもどろうとする。
水樹はすかさず、自分が行くと言ってくれた。「夜道を女性一人では、危ないから」と。ここで待ってて、と行ってくれた。

水樹がいなくなると、友達はさおりに、「なかなか素敵な彼氏じゃない」「まだ心配だけど2人の事見守るわ」と言ってくれた。

・水樹くんがいとおしい

そのまま、さおりを送り、さおりの家で二人で過ごす。
さおりは急だったけど来てくれてありがとう、と言った。

水樹は、緊張したけれど、さおりが自分の事を彼氏としてみんなに紹介してくれるのが嬉しかった。と言う。

まっすぐな瞳でそう伝えてくれる水樹を見て、どうしようもなくいとおしく感じるさおりだった。
そのまま二人、キスをして、ベッドの中へ…。いつも以上に、大好き、という気持がお互い感じられる夜だった。

そのままさおりの部屋に泊まることに。でも会社帰りの格好のままだった水樹は、一度自宅に帰って着替えてから出社する、と早く起きると言う。
「(いつでも泊まれるように)着替え一着この部屋に置いておいたら?」と軽い気持ちで言うさおり。そうですね、と答えた水樹。

「もういっそのこと一緒に住んじゃいましょうか」(それって同棲…!?)赤面しながら焦るさおりだった。

【アラサープロポーズ】最新話の感想!

アラサー女子が結婚するまでの365日!アラサープロポーズ。

今回もあるある~って実感できるエピソードがたくさんで読んでいて楽しかったです。
仕事場で2人きりのチャンスに「ちょっとだけ…」ってw

ドラマなんかではよくあるけど、実際どうなんでしょう?みんなやってるのかな。口紅がついちゃいそうですが。

10歳も年下の男性と付き合って…と、周囲がやっかむ気持もわかります。本人同士は年齢なんて関係ない、というけど、他人にとっては、今だけなんだじゃないって思ってしまいがち。だからって、同世代の方が、ラブラブが長続きするとも限らないですもんね。誠実で真摯な水樹を見て、アラサー友人たちも、さおりたちを応援してくれる気持になったようです。

そして、ひょんなコトから、一緒に住んじゃいましょうか。と言い出す水樹くん。そういうところが、軽いっていわれちゃうんじゃないか、と思うんですが、軽い気持ち、なんかじゃないといいなあ…水樹くん、頑張って、さおりにプロポーズしてあげて欲しいです。続きがとても楽しみです。

おすすめの記事