漫画を安くお得に読む方法

 

この記事は文章のみのネタバレです。

「絵付きで最新話を安く読みたい!」

というあなたにはまんが王国という電子書籍サービスがおすすめです!

 

 まんが王国の特徴 
    1.  無料会員登録時すぐに半額のクーポンがもらえる! 
    2.  漫画購入時、最大45%ポイント還元! 
    3.  各種キャンペーンでさらに安く購入できる! 

 

登録も簡単ですし、無料会員なら基本的に解約する必要はないので、とりあえず登録しておいても損はないですよ。

 

▼無料会員への登録はこちらから!▼

 

Sponsored Link




「プロ入り通算50勝」を達成した夏之介は、13勝目がかかった試合に登板。

6回を投げ切り無失点のままマウンドを降りた。

「勝ち」がつくのかの分かれ道、6回ウラ、絶好調坪内の打球は均衡破る、先制ホームランとなる。

13勝目も見えてきたか?というところまでが前回のお話。

【グラゼニ『パリーグ編』】最新話63話ネタバレや感想!

絶好調夏之介が6回を無失点で投げきりマウンドを降りたウラの攻撃。

打席に立っている坪内が放った打球は、ぐんぐん伸びていき、ポールを巻いて、レフトスタンドに入るのであった。

これで坪内は今シーズン31号のホームランとなる。

このホームランでゴールデンカップスが1点先制する。

ベンチで観戦していた夏之介は、笑顔で坪内を出迎える。

 

夏之介「つ、坪内」
坪内「やりましたよ、凡田さん」
夏之介「オマエという男は、スゲエなあ・・・ナイスバッチ!」

 

一方のオックスベンチでは、バッテリーにサインを出していた寺杉コーチが自分の狙いと違った結果について、振り返っている。

 

  • 「体を開かせるように」とリードしたのに・・・
  • 最近のバッターは踏み込んでくる。
  • フェイスガードのお陰なんだ!
  • これの登場によってバッターは、頭部へのデッドボールの恐怖感が減った・・・
  • ピッチャー受難の時代なんだよなあ〜〜〜
  • でも、向き不向きはあって・・・
  • ゴールデンカップスの坪内は劇的に向いている!
  • フェイスガードを着けてからホームランを量産しだした

 

ゴールデンカップスのブルペンでは、リリーフ陣の準備が着々とできている。

7回からアマがき隊の出番であり、まずは布川が登板する。

この準備を見ている扇田は、アマがき隊がぴしゃりと抑えたら、13勝目が入るなどと考えている。

 

6回裏のゴールデンカップスの攻撃は、結局、坪内のホームランによる1点のみで終わった。

7回表のマウンドに上がるのは、布川。

ベンチで見ている夏之介は、

 

  • 「1対0」じゃプレッシャーがかかる
  • アマがき隊も今日はキツイ

 

と考えている。

その布川は、プレッシャーを感じながらも、7回表を0点で乗り切り、見事に自分の役目を果たす。

7回裏のゴールデンカップスの攻撃も0点で終わる。

 

扇田は、このまま「1対0」のまま進むので、本木と薬丸にもっとプレッシャーがかかると思っている。

その言葉通り、8回の本木、9回の薬丸は共にプレッシャーを感じながら投げるが、見事に0点で抑えて、『凡田→アマがき』で完封勝利を飾るのだった。

 

お立ち台では、6回無失点で13勝目を挙げた夏之介と、31号決勝ホームランの坪内が上がっている。
コーチ陣が喜んでいるのを見ながら、グラウンドから引き上げようとする扇田。

この試合で決勝ホームランを打った坪内は自分と同期だから、自分の時にも打ってくれるよなと期待するのであった。

 

そして、扇田の13勝目をかけた試合は、またも則川とのマッチメイクとなった。

この2人の闘いは、今日も点が入らない展開となる。

7回裏のゴールデンカップスの攻撃で、打席に入るのは坪内。

 

扇田は、この前の夏之介の時と同じ展開になっているので、自分のために打ってくれと願っている。

マウンドにいる則川は、今シーズン12勝を挙げているのは、あるボールを覚えたためで、そのボールはスプリットであり、これが打ち出の小槌となったと呟く。

対戦する坪内は、「俺にはフェイズガードという打ち出の小槌がある!」と考え、打席に立つのである。

感想や考察

今回の話では、坪内が先制ホームランを打った後の展開がメインに書かれていました。

残りの7、8、9回をアマがき隊の3人がプレッシャーを感じながらも、それぞれの役目を果たし、0点に抑えて、『凡田→アマがき』で完封勝利を飾ったのは見事でしたね。

この試合をブルペンで見ていた扇田は、自分の時にも打ってくれと同期の坪内に願うのは当然のことだと思います。

 

その扇田の13勝目のかかった試合で対戦するのは、同じ12勝目を挙げている則川。

扇田は、前回、則川に負けてますので、今回は雪辱を晴らすチャンスですね。

夏之介の13勝目の時と同じように、7回裏、0対0の場面で打席に立つ坪内が、スプリットを覚えて好成績を挙げている則川からホームランを打てるかどうか楽しみです。

 

Sponsored Link




最新話・最新刊を安くお得に読む方法!

  • 文章ではなく『絵』で続きが読みたい!
  • とにかく安く漫画が読みたい!

 

そんなあなたには、最大45%ポイントバック各種キャンペーンによりさらに安く漫画を読むことのできる『まんが王国』がおすすめです。

 

 

  • 購入費用の最大45%ポイントバック!
  • 安く購入できるキャンペーンが豊富!
  • 無料登録時、漫画が半額になるクーポンがもらえる!
  • 無料で配信されている漫画が多い!

 

初回登録時、半額のクーポンがもらえる上、最大45%のポイント還元があるので、かなりお得に漫画を読むことができます。

他にも、時間帯や曜日別にクーポンが配布されていたり、キャンペーンなど、漫画を安く購入するための要素が盛りだくさん。

これにより、普通に漫画を書店で買うよりも圧倒的に安く、お得に漫画を購入できるんです!

 

また、無料で読める漫画作品がたくさんあり、暇つぶしにも最適です。

登録も簡単ですし、無料会員であれば基本的に解約の必要はありません。

登録時すぐに半額のクーポンももらえるので、ひとまずクーポンだけ使って放置でもありです。

お得なキャンペーンも随時開催されてますので、登録しておいて損はないですよ。

 

▲まんが王国を無料で試してみる!▲

 

また、【登録→漫画を読む→解約までの流れはこちらをご参考ください。
関連キーワード
最新話ネタバレの関連記事
おすすめの記事