【脚ぽちゃ女子は拒めない】最終話ネタバレや感想!結末や終わり方

 

スタイリストの花村杏奈は、太い足がコンプレックス。

人気の靴ブランドAngeのデザイナー、鷹瀬さん(イケメンなのに実は飛んだ脚フェチw)にあなたの脚は魅力、といわれ付き合うことに。

鷹瀬もモデルとして参加したショーを成功させてひと段落。

「今夜はもう帰しませんよ」と鷹瀬に告げられたが、鷹瀬が熱を出して倒れてしまい未遂に終わり…というのがこれまでの話。

 

それでは、2021年月5月21日発売「&FLOWER」にて、「脚ぽちゃ女子は拒めない」最新話である11話が掲載されました。

そのネタバレや感想をまとめていきます!

 

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

【脚ぽちゃ女子は拒めない】最終話ネタバレや感想!結末や終わり方

俺の好きに出来るなんて

目を覚ました杏奈。

どうやら眠ってしまっていたようだ。

鷹瀬さんは、シャワーを浴びているようだった。

 

ふと立ち上がった杏奈の脚に、ビキーーーー!という刺激が!

思わず倒れこんで「ひゃあ」と大きな声を出してしまう。

 

声を聞いた鷹瀬が「どうしたんですか!」と部屋を覗き込むと…杏奈は鷹瀬の方にお尻を向けて倒れこんでいた。

脚が痺れて転んでしまい、立ち上がることができなかったのだw

 

恥ずかしそうに赤面しながら「脚が痺れて…」という杏奈。鷹瀬さんは、おもむろにスマホを取り出し、何枚も写真を取るのだった。

(さすが脚フェチ)恥ずかしがる杏奈だったが、こんな無防備な姿見る機会ないじゃないですか、と嬉しそうだった。

 

(元気になったようだ)「杏奈の愛情のおかげで、元気になりました」そう言った鷹瀬さん、最後まで出来なかったのは心残りですけど、とガッカリしていた。

杏奈は、鷹瀬さんの首元にそっとキスし、耳元で「次またがんばれば良いじゃないですか」と恥ずかしそうに言った。

 

がばっと杏奈をベッドに押し倒す鷹瀬さん。

さりげなく杏奈の太ももに手を伸ばし、「この脚も…全部…俺の好きに出来るなんて考えただけで興奮します」そういいながら、杏奈の体を触ろうとする。

杏奈は、「今日も朝から仕事なんです」と拒否する言葉を口にするけれど、「全然力が入ってないですよ」と鷹瀬さんに指摘されていたw

 

「週末にでもリベンジさせてください」

リベンジの週末

ホテルを予約してくれた鷹瀬さん。

シャンデリアのある豪華な部屋だった。

「こんな高そうなとこ…」と杏奈が気にするが、鷹瀬さんは、杏奈に喜んでほしくて選んだんですから、と気にしなくてよいと言ってくれた。

杏奈は恥ずかしさに真っ赤になり、「シャワーしてきます」とバスルームへ。

これからも一番近くで支えさせてください

いつもより念入りに身体を洗う。

杏奈がシャワーから戻ると、「ずいぶんゆっくりでしたね」と鷹瀬さん。

自分もシャワーしてくる、と出て行った。

 

ホテルのベッドでひとりになると、緊張してしまう杏奈だった…

もしもガッカリされたらどうしよう、などと考え不安になっていると、「お待たせしました」そう言いながら、杏奈を後ろからつよく抱きしめる鷹瀬さん。

「まだ濡れてるじゃないですか」そう杏奈が言うが、そんな時間も惜しかった、とかわいいことを言う。

キスを交わす二人。

恥ずかしがる杏奈に「これからもっと恥ずかしいところまで見せあうのに?」という鷹瀬。

そう言って、杏奈のバスローブをめくり、脚にキスをする。

杏奈の見えないところに、印をつける、と言いながら…。

杏奈も私からも気持ちよくさせたい、と鷹瀬の首筋にキスをする。

 

高瀬は杏奈の手を取り、「俺の思いを真剣に受け止めてくれてありがとう」と言った。

そして、「これからも一番近くで支えさせてください」と言った。

 

涙ぐみながら「そんなのこっちのセリフ…」とつぶやく杏奈。

鷹瀬さんはそっと涙をぬぐいキスをする。

そのまま杏奈のバスローブを脱がし、身体のあちこちに優しいキスをするのだった。

 

恥ずかしがりながらも「もっと触ってください」と言う杏奈に「あんまりかわいい事言わないでください。加減してあげられなくなる」と言う鷹瀬さん…そのまま二人、愛しあうのだった。

 

・・・

 

翌朝、杏奈が目を開けると「おはようございます」と鷹瀬さん。

さわやかな笑顔を浮かべていた。

30分くらいまえから起きていた、と言う。

 

鷹瀬さんがベッドから起き上がる。

その時、ふと、自分の左手薬指に、指輪があることに気づき、驚く杏奈。「鷹瀬さん、これ!」その時、鷹瀬は大きな包みを杏奈に手渡してくれた、その中身は…白い素敵な靴。

「ウエディングシューズみたいですね」と杏奈。

「“みたい”じゃないですよ」

「俺達の挙式でこの靴を履いてくれませんか?」

それは、鷹瀬さんからのプロポーズだった!

「杏奈の脚を彩るのはこれからも一生おれでありたいんです」杏奈は、鷹瀬さんに抱きつきながら、「こんなに喜ばせてどうするんですか」

 

コンプレックスから始まった恋だったが、ありのままの自分を受け入れてくれ愛してくれる、鷹瀬さんに出会えた杏奈。

「あなたに出会えて幸せです」そう強く心に思っていた。

感想

感動のラストでした!

鷹瀬さんのフェチっぷりが、面白かったこのマンガ。

フェチ通り越して変態チックに思える時もあるんですけど、ここまで真剣にやってると、すがすがしいとすら思えてきますねw

 

あと、鷹瀬さんがさわやかな外見なのも好感が高い。

杏奈の太い脚も、マンガで表すとわかりづらいと思うんですけど、このマンガではうまく描かれていてそれも上手だな、と思っていました。画力がある!

 

熱で、初夜はダメになってしまったけど、リベンジに素敵なホテルを予約、そして婚約指輪やウエディングシューズまで用意してくれて…素敵でした。

またこんな心温まる、ハッピーエンドでしたね。

また、こういう、ちょっと変わった人が出てくる作品を読みたいです。

橘先生の次回作にも、期待したいですね。

 

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

おすすめの記事