【推しの子】最新話44話ネタバレや感想!2021年5月20日掲載

 

「東京ブレイド」の稽古も三日目に入り、役者たちの間でもグループ化が起こっていますが……演技に情熱のないアクアは孤立。

そのアクアは有馬かなの演技を観察していて、「周りのレベルに合わせる癖がついていた有馬だけど、今回はララライの看板役者に合わせて本気で来るぞ」と黒川あかねに忠告します。

あかねの方は、演じるヒロインが原作と大幅に違うキャラに改変されているのが原因で、まだ役にうまく入り込めていない状態でした。

そして現場見学に来るらしい原作者「鮫島アビ子」も、どうやら舞台脚本には何か思うところがあるようで?

 

2021年5月20日発売のヤングジャンプにて、【推しの子】の最新話である44話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

 

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

【推しの子】最新話44話ネタバレや感想!2021年5月20日掲載

「今日は甘口で」の原作者である吉城寺頼子と一緒に飲んでいた、「東京ブレイド」原作者の鮫島アビ子。

吉祥寺の後輩にあたるアビ子はかなりの変わり者で、歯磨きは「効率がいいから」と歯ブラシ2本で行うような女性です。

そのコミュ力にやや難があるのを知っている吉祥寺は、アビ子の頼みもあって、今度の舞台稽古の見学に同行すると約束します。

 

一方、あかねは今回の脚本についてアクアの意見を聞いてみました。

かつて色々と問題を起こしかけた「今日あま」経験者のアクアは、「あれの90倍はマシ」と微妙な答えを返してきます。

少なくとも「今日あま」よりは原作準拠な「東ブレ」の舞台脚本。

 

しかし、あかねはやはり自分の演じる役に疑問があり、アクアから「脚本家に聞いてみれば?」と促されました。

あかねの主義は「演技指導は演出家から受けるものであり、それ以外のスタッフから指導を受ける演技がブレるから良くない」というものだったのですが、アクアは無視して脚本家と演出家にまとめて質問します。

 

あかね演じる「鞘姫」について話し合う四人。

脚本と演出も、鞘姫のキャラが原作とかけ離れてしまっているのは勿論理解していました。

 

しかし鞘姫の葛藤を演劇で表現しようとすると、尺の制限や、細かい表情演技で伝えるには難しい観客との距離感などがネックになってくるそうです。

この舞台全体の盛り上がりどころや、上映時間を考えてテーマを絞っていくことなどを考えると、鞘姫の複雑なキャラは捨てるしかない。

 

それが脚本と演出の判断でした。

あかねもそうした説明を受けて、ひとまずは納得しかけます。

 

が、そこに吉城寺とアビ子が登場。

吉祥寺は「今日あま」でいい演技をしてくれた有馬かな・アクアらとの再会に大はしゃぎします。

 

一方、大根演技で作品をぶち壊していたイケメンアイドルには塩対応です。

 

あかねの方はアビ子に挨拶。

人見知りのアビ子はすぐ吉祥寺の背中に隠れてしまいましたが、その後の稽古見学になると、役者たちの演技に目を輝かせていきました。

その感動ぶりに吉城寺もホッと一安心。

 

ところが、アビ子は「だからこそ意見しなければ」と使命感のようなものを発揮しだしてしまいます。

吉祥寺が冷や汗をかく隣で、脚本の手直しをしてほしいと言い出すアビ子。

そして、具体的にどこを直してほしいのかと訊かれた彼女は「全部」と言いだして……!?

感想

漫画のキャラが舞台化・アニメ化・実写化などで別人みたいに改変される悲劇はたまに見かけますよね。

そういうのって、当たり前ですけどスタッフ側も分かった上で「でも仕方ないんだ」と改変しているみたいです。

漫画とそれ以外とでは、やはり「尺」というのが大きな問題として立ちはだかるようで。

あかねもそれは勿論承知した上で、改変されたキャラをどう上手く消化していくのかなと思っていたら……原作者の登場で急展開!

これはあかね以前に、脚本と演出がメチャクチャ苦労する展開になっていきそうです。

役者以外の苦労話も読んでみたいので楽しみですね。

 

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

おすすめの記事