【テスラノート】最新話17話ネタバレや感想!4月28日掲載

 

2021年4月28日発売の週刊少年マガジンにて掲載された【テスラノート】の17話のネタバレや感想をまとめていきます!

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

【テスラノート】最新話17話ネタバレや感想!4月28日掲載

突然の凶弾に倒れるクルマ!

牡丹は慌てて掛けより、そこにスコープの照準が向けられますが…スナイパーは狙撃失敗として引き上げていきます。

 

牡丹は恭平に、クルマが撃たれたことを報告。

するとミッキーが寄ってきて傷のひどさを確認。

それと同時に、牡丹の手中にあるままのテスラの欠片を確認して安堵します。

それに対して牡丹は複雑な表情を浮かべました。

 

恭平が救急車を手配してくれましたが、その傷で波の病院では助からないとするミッキー。

オリバーに「アスクレピオス」への連絡を頼み、自分たちに任せるよう言いました。

 

ヘリコプターの中で、クルマへの応急処置が施されます。

そこにはミッキー・オリバーと牡丹・隆之助・恭平も一緒です。

心配でいてもたってもいられない牡丹ですが、すぐにCIAの最新鋭医療艦・アスクレピオスに近づいてきました。

 

艦内では最新の医療ロボットがサポートにあたり、クルーたちはスマートグラスで音声と映像を共有。

現代における最高峰の医療機関であり、後は手術の成功を祈るのみです。

 

3人の休む部屋まで用意してもらい、牡丹はミッキーへ感情的になったことを詫びます。

するとミッキーは、相棒がやられたら正気でいられない気持ちはわかるとし、スマートに去っていきました。

 

オリバーは、ミッキーがクルマを助けることを意外そうにします。

するとミッキーは、この艦内でテスラの欠片を奪うと言い出しました!

ミッキーはけっして牡丹たちにほだされたわけではないようです。

 

しかしミッキーはオリバーに、もし自分が撃たれたら牡丹と同じ行動を取ったかと問いかけました。

オリバーは当然だとした上で、犯人を必ず見つけ出してトドメを刺すと豪語。

常に冷静であるのに、ミッキーを傷つけた人間を前に冷静でいられるわけがないとし、2人は楽しくじゃれ合い…。

 

そこに2人のボスがやってきました。ボスは世界平和のため、軍事力を強化するテスラの欠片はアメリカが独占するのだと厳しく言います。

ミッキーはこれからテスラの欠片を奪うのだと主張しますが…。

 

ボスはそれよりもクルマを撃った犯人の情報を尋ねます。

あれほどの距離から狙撃できる人間と言えば、「小さな家」の一味である可能性が高いとされます。

そしてテスラの欠片を狙ってこの船に来ることが予想され…CIAは日本チームからテスラの欠片を奪い、さらに彼らをエサに「小さな家」を始末する魂胆です!

<感想>

テスラの欠片がその手の中にある限り、次々に争いの種やトラブルが降りかかってくるようです。

CIAもやけに親切だと思えば、やっぱり裏があった模様。

しかし三つ巴状態だからこそ、CIAと「小さな家」の2組織をぶつからせて出し抜くチャンス!

日本チームには今回こそうまく立ち回って、テスラの欠片を持ち帰ってもらいたいものです。

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

おすすめの記事