【days】最新話315話ネタバレ!聖蹟の勢いを止めるのは

 

最新話掲載の週刊少年マガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

 

2019年10月9日発売の【週刊少年マガジン】にて、【days】の最新話である315話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

【days】最新話315話ネタバレ!聖蹟の勢いを止めるのは

「全員でとったゴールなので」とつくしが恐縮しながら言うところから始まります。

 

盛り上げてやってんだろ!
調子に乗るなよ!

などと絡まれ、興奮が全く収まる様子はありません。

 

その様子に犬童がレフェリーに「いつまでやらせておくんだ!」と黙らせるよう言います。

むしろ清々しいな、なんて話をしながら、反省点をあげていき、罪の譲り合いに変わっていきます。

そして、「取られたら取り返す、そうだろ?」という言葉に、桜高は少し落ち着きます。

 

すると、桜高のベンチで、成神が「出番だね」と言い、準備を始めるも、まだ早いよ、と大塩。

成神は「今出なきゃ後悔する。誰だって一生に一回はそういう時があるでしょ」というと、大塩に「毎試合言ってるよね」と言われるも、とにかくアップするから!とその場を立ち去ろうとします。

 

すると、大塩に呼び止められ「5分後行くよ」と声をかけられ、目を輝かせた成神は「3分後です」といい、やった!とアップしにいきました。

 

試合が再開し、桜高のボールを早速水樹がカットし、ボールは聖蹟へ。

得点を得た聖蹟の勢いは凄まじく、一気に攻め立てます。

 

歓声が上がる中、成神は「アップの時間に試合をみないで集中できるなんて考えられなかた」と一人でアップを始めます。

桜高のみんなが耐えてくれる。
かおるは天才だ。
凡人はただ、必死に爪を研ぐだけ

と、成神が心の中で呟くところで終わります。

 

最新話掲載の週刊少年マガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

おすすめの記事