【ランウェイで笑って】最新話183話ネタバレや感想!4月14日掲載

 

2021年4月14日発売の週刊少年マガジンにて掲載された【ランウェイで笑って】の183話のネタバレや感想をまとめていきます!

 

前の話 一覧 次の話

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【ランウェイで笑って】最新話183話ネタバレや感想!4月14日掲載

研二がオリヴィアと対峙するより前、育人は研二から見せられるデザインを要求されていました。

花丘に頼んでスキャンしたデータを送ってもらいましたが…。

 

デザイン画を持っていこうとする花丘に、育人は事細かな指定を伝えます。すると花丘はつまらないと不満を大爆発!

自分は育人の決めたパターン通りに動くミシンではないとし、たまには自分で作り方を想像できないデザインを描いてみろと言うのです。

同時に研二からは、もっと本気の服はないのかと返信されてしまいました。

 

そして今、オリヴィアはOcelotの特集の代案として育人を起用することを承諾!

ただしそれは研二のプレゼンの結果次第であるとし、研二にプレッシャーをかけます。

 

Ocelotは柳田のカプセルコレクションから、性差・民族・文化・価値観を問わない個の時代が来るというファッション界の未来を予見。

シャルのアジア進出と、欧米圏の雑誌に載るアジアデザイナーAYANOをコラボさせることでアジアとの異文化交流を表現するつもりでした。

 

そこでシャルの掲載が叶わなくなった今、アジア要素を損なわない代案として育人を推すというのが研二の戦略です!

マネキンに着せた育人のデザインを見せると、オリヴィアは目の覚めたような表情をし…。

 

本来はこの服をマネキンでなく千雪に着せ、オリヴィアに見せつけたかったと思う研二。

しかしそのタイミング・場所は今でないというのもわかっていました。

そしていつか、千雪が自由に夢を選べるようになった時にミルネージュを復活させたいという願いを抱いているのでした。

 

Ocelotの特集に育人の服が載るという報を受け、それはとんでもない実績だとする美依。

そしてOcelot発売とSNSの仕掛けを合わせればうまくいくかもしれないと言い始め…そして心は育人に、千雪の説得を任せて欲しいと進言。

花丘は完成した動画を本当に世界中に発信するのかと興奮気味です!

 

そして時間が過ぎていき、東京コレクション当日へ。

育人がトップデザイナーに、そして千雪がトップモデルに至るまでの物語が紡がれていきます!

<感想>

ここでただ研二の作戦がうまくいったのではなく、オリヴィアに見いだされたのではなく、育人の成長が示唆されたのはアツい演出!

パタンナーとしてでなくデザイナーとして、育人が打ち出した本気の服とは一体どんなものなのでしょうか?

心がどうやって千雪を説得したのかにも注目です。

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事