【ランウェイで笑って】最新話182話ネタバレや感想!4月7日掲載

 

2021年4月7日発売の週刊少年マガジンにて掲載された【ランウェイで笑って】の182話のネタバレや感想をまとめていきます!

 

前の話 一覧 次の話

 

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼


最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【ランウェイで笑って】最新話182話ネタバレや感想!4月7日掲載

相変わらず憂鬱そうな表情を浮かべる千雪。

事務所から出て行きますが、厳しい表情で「BEYOND JAPAN」の社名から目を背けます。

 

研二は本社の幹部と、シャルのアジアでの仕事について打ち合わせをしていました。

中韓日でトップクラスの仕事を既に取ってきている研二の仕事の早さに感心する幹部。

研二が「BEYOND」の社名を得たことでここまでの手腕を見せるのかと、その実力を認めざるを得ませんでした。

 

美依はSNS戦略に何が使えるかわからないため、できるだけカメラを回すことに。

すると花丘がカメラの前でさまざまなポーズを取って見せ…変な人でバズる可能性を感じる育人ですが、花丘が面白いのは身内だけだと美依は辛口です。

 

狙ってバズることの難しさを美依は感じており、それだけが頼りでは不確定要素が多く不安でなりません。

SNS戦略を進める一方で実績も重ねていくことにしますが、どれだけ仕事を取ってきても足りず…。

どうすれば確実に目標を達成できるのか、研二も美依も売り込みを続けながら懸命に考えていました。

 

そしてある時、シャルのダブルブッキングが起きてしまいます!

それを待ち構えていたかのように社員が報告しに来ますが、それが今日確定するだろうと見越していた研二は、既にNYへと飛んでおりオリヴィアと対面していました!

 

研二は開口一番にダブルブッキングの件について謝罪。するとオリヴィアはわざとやったのかと聞きます。

研二はわざとではないと主張し、自分の判断ミスということなら責任はどうとでも取ると恭しく言いました。

 

BEYONDの社名を活かして仕事を獲得。それにより自らの評価を高めつつシャルのスケジュールを操作。

そして並のモデルでは得られないシャルの仕事に、代役を立てざるを得ない状況を作れば…それが千雪のためになると踏んで動いた研二の策略が今実ったのです!

 

研二はシャルに、「Ocelot」の特集ページの撮影より重要度の高い仕事をぶつけることに成功!

そして自分の不手際により開けた穴に対する代替案を提示します。それは、オリヴィアが合同展示会で目をかけていたデザイナー=育人のブランドのことで…。

<感想>

実績が作れずに焦るEGAOに思いがけない光明が!

ミルネージュの社名を捨てることになってもタダじゃ転ばない研二の策士ぶりには驚きです。

育人にはこのチャンスをなんとしてもモノにして、遠・シャルのコラボが紙面を飾る以上の話題をかっさらってほしいですね。

 

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼


最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事