【恋か魔法かわからない!】最新話16話ネタバレや感想!4月7日掲載

 

2021年4月7日発売の週刊少年マガジンにて掲載された【恋か魔法かわからない!】の16話のネタバレや感想をまとめていきます!

 

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼


最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

【恋か魔法かわからない!】最新話16話ネタバレや感想!4月7日掲載

テントの中で愛音と星愛楽相手に魅斗の幼い頃のアルバムを見せつけて、魅斗の素晴らしさをプレゼンする結衣。

星愛楽は一方的な恋愛トークの押しつけに、地獄の時間だとげんなりします。

 

星愛楽は学校ではわからなかった結衣のヤバさに戸惑いますが、逆にこの一面しか知らない愛音は落ち着いています。

そんな愛音に結衣は、魅斗と口同士でキスをしたことを自慢しました!

 

愛音は自分とキスをした後すぐに結衣ともしたということに、複雑な心境を抱えます。

その一方で結衣はどこかに行った魅斗を探しに行くと言い出し…。

 

その時、萌香が睡眠香で3人を眠らせてしまいました!

魅斗には先約がいるのだとしていますが、当の魅斗は萌香から深夜の特訓だと海岸に呼び出されたのに待ちぼうけです。

とはいえチャームが発現してからずっと慌ただしかった魅斗は、久々のゆっくりできる時間でくつろいでおり…。

 

しかしそこにやってきたのは、萌香ではなく水着姿の舞!

パニックになる魅斗ですが、萌香から仕事の打ち合わせと言われて来た舞も戸惑いつつ魅斗に話しかけます。

 

しかしいざ2人きりになると、魅斗は何を話せばいいのかわからず、2人の間に気まずい沈黙の時間が流れます。

すると舞の方から口を開き、魅斗に魔法が発現したことを祝福。

それがチャームであることを卑下する魅斗に、唯一無二の魔法を手に入れたことを誇っていいと言います。

 

魅斗も舞が史上最年少でレーゲンボーゲンになったことをすごいと褒めると、舞は魅斗から避けられていると思い込んでいたようで嬉しそうにします。

 

すると魅斗は舞に頭を下げました!避けていたのは事実で、それは2人の差が広がるのが悔しくて情けなかったから。

そんな自分を情けないとしつつも、七賢者会議で助けてくれた舞のおかげで今でも魔法が使えると言い、舞に礼を言います。

 

そして、絶対にレーゲンボーゲンになるから待っていてほしいと魅斗が言うと、舞は魅斗が約束を覚えていたことを喜びます…!

舞の方もどう接すればいいのかわからなかったようで、決闘の時に魅斗が魔法を諦めていないことがわかって嬉しく思い、チャームが発現して一番嬉しかったのは自分かもしれないとまで言いました!

 

これでお互いのわだかまりが解けましたが、舞は最近魅斗が他の女子と一緒にいることにヤキモチを焼いている様子で、本当は萌香じゃなく自分が魅斗を預かりたかったのだと打ち明けます。

そして、ここにいられる残り少ない時間で、失っていた魅斗との時間を取り戻したいと言いだし…!

<感想>

萌香の仕込みが功を奏し、魅斗と舞が急接近!

お互いに素直な自分の気持ちを明かし合えてよかったですね。

ここからさらにドキドキのイベントがあるようですが、もはや両片想い状態の2人は一体どうなってしまうのでしょうか!?

 

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼


最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

おすすめの記事