【あやかしトライアングル】最新話39話ネタバレや感想!4月5日掲載

 

2021年4月5日発売の週刊少年ジャンプにて、【あやかしトライアングル】の最新話である39話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

【あやかしトライアングル】最新話39話ネタバレや感想!4月5日掲載

悲しい気持ちが止められず、ラチカの出現させたゴーレムが鏡の世界で大暴走!

ラチカが妖力を使い果たして消滅してしまうのを防ぐため、祭里はゴーレムを止めようとしますが…。

 

風苦無も豪風陣もまったく歯が立たず、ゴーレムの巨体は風の力と相性が悪いようです。

一方ですずは反転した町並みを呑気に確認していました。

 

するとすずは祭里を連れて、ゴーレムの足元がある場所を突き止めます!

巨体を支える足元を狙えば崩せるという作戦。

そして祭里の風が太刀打ちできないのであればと折神を取り出し「おじいちゃんの空気鉄砲」作戦だと言い出します!

 

「おじいちゃんの空気鉄砲」とは、幼い頃の祭里が祖父に買ってもらい、すずと一緒に遊んだもの。

そんな作戦名は自分にしか伝わらないと笑って、すずの折神に風の力を込めます!

 

命依のようなすごいことはできなくても、自分には祭里がいるとするすず。

2人の力を合わせてゴーレムの足を破壊!ゴーレムが倒れていく中でラチカを救出するために、ゴーレムの身体をすずが駆け上がりますが、足を滑らせてしまい…。

 

しかしすずが転げ落ちることはありませんでした!

折神のやっこさんを足に装着し補助させていたのです。

ラチカの移動法から学んだらしく、これにはシロガネも感心します。

祭里は援護し、すずに王の仕事をこなすように促しました!

 

元々は絵本に宿っていたラチカですが、絵本が売られてしまい知らない国・日本に流れ着いてしまいました。

そこで声をかけてくれた雲外鏡を友達だと思っていたのにポンコツ呼ばわりされ、孤独感に支配されており…。

 

すると不意に温かさを感じます。いつの間にか傍にいたすずに抱きしめられたのです。

すずは自分も幼い頃にひとりぼっちだったこと、それでも祭里が友達になってくれて今の自分がいることを打ち明け、友達は大切にしないとと、パーカーのフードに入れて連れていた雲外鏡に語りかけます。

 

雲外鏡はラチカに謝り、2人は仲直り!

ラチカはすずに意地悪をしたことを謝り、祭里たちは元の世界へ…戻ったものの、鏡の世界で着た服ごと戻ることはできず、すずは全裸なのでした!

<感想>

すずが妖の王としてまた一つ成長!

祭里との連携プレーで見事強敵を撃破し、幼い妖の心を救うこともできてよかったですね。

おかげで可愛い仲間も増えたことですし、ますます祭里とすずの日常がにぎやかになっていく予感です。

 

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

おすすめの記事