【アイテルシー】最新話10話ネタバレや感想!4月5日掲載

 

2021年4月5日発売の週刊少年ジャンプにて、【アイテルシー】の最新話である10話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

【アイテルシー】最新話10話ネタバレや感想!4月5日掲載

逃走用の車を要求し、応じなければ人質全員を殺すと主張する銀行強盗。

明の後任の捜査一課長は、初仕事で必ず手柄を立てようと躍起になっていますが、交通規制などで車の手配に手こずっており…。

 

ライブ配信されている強盗犯の映像に、人質としてりさが紛れています!

そして配信が途切れ、明が自分の前に現れたことで課長ご立腹です。

しかし明は課長をなだめ、双眼鏡を手渡すのでした。

 

銀行内部ではりさが強盗犯に、眠れるまで自分と話さないか誘っていました。

そしてたくさんの人質の中から自分を選んで配信に出したことをロマンティックだと言います。

そして愛する犯人のために協力したいと言い、愛の逃避行を成功させようと言いました。

 

しかし強盗犯は愛なんてくだらないと否定。親から勘当され、嫁に逃げられて、やっていたバンドが解散。

そんな強盗犯が幸せになるには金しかないと主張します。

 

するとりさは、すぐには信用してもらえないのだと言い、代わりに人質になると申し出た男に躊躇なく発砲!

声の大きい人は怖いと言い、信用してもらえるか強盗犯に尋ねました。

 

強盗犯は信用すると言うよりりさを恐れ、銃を捨てるように言います。

りさはそれにアッサリと応じ、倒れた男を見せしめにしようと強盗犯に呼びかけますが…。

 

強盗犯は死体を前に手を震わせますが、自分の名前を呼んだりさに疑念を抱きます。

そして、思い返せば最初から人質の中にりさはいなかったということに気がつき…!

 

りさは強盗犯の配信を見て、その名前がわかったのだと言います。

強盗犯の瞳には、配信用のタブレットに貼られたステッカーが映っており、調べたら先日解散したパンクバンドのもの。

そのボーカルの口が強盗犯そっくりであることから身元を割り出したのです!

 

りさは強盗犯を愛しているとしながらも、自分も変わらないといけないのだといいました。

そして必ず幸せにするから逮捕してもいいかと問いかけ…。

強盗犯は逆上しましたが、明の人脈でその母親・嫁・バンドメンバーが現場に勢揃いしており、説得にかかります!

 

そこで生まれた隙に、先ほど撃たれた男に変装していた左近が強盗犯を確保!

りさが逮捕をするという光景に、課長は戸惑うばかりでした。

<感想>

捜査i課の初仕事は大成功!

3人それぞれのスキルを活かして大立ち回りをしましたね。

りさの心境の変化もハッキリと読み取れてよかったですし、新キャラクターの明もいい味を出しています。

この調子で難事件を面白く華麗に解決していってほしいものです。

おすすめの記事