【ランウェイで笑って】最新話181話ネタバレや感想!3月31日掲載

 

2021年3月31日発売の週刊少年マガジンにて掲載された【ランウェイで笑って】の181話のネタバレや感想をまとめていきます!

 

前の話 一覧 次の話

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【ランウェイで笑って】最新話181話ネタバレや感想!3月31日掲載

自分に何かできないかと申し出た心でしたが、育人は一瞬ハッとした表情を見せながらも複雑そうに言葉を濁し…。

 

その翌日、美依はファッションウィークの担当に話をしに行き、予想通両ホール使用を断られてしまいました。

代わりに取ってきた3件の仕事を育人に渡します。

 

そして確実に育人の構想するショーを実現できる方法として借金を提案。

ファッションウィークの運営もビジネスで行っているため、お金を積めば応じてくれるだろうと言うのです。

 

ただし会場使用料に加えて両ホールのランウェイ設営費で、想定していた予算の10倍前後はかかる見込み。

たとえショーが成功したってEGAOの存続は危うい状況となりますが…育人は借金することを迷わず決断!

そして設営費が足りない分は、運営が無視できないほどの実績をSNSで作ろうと言い出します。

 

見てさえもらえば世界中に拡散される服を自分が作り、美依にSNSの活用を任せたいとする育人。

育人の頼もしい成長を実感して、これくらいは実力で叶えないとパリに行けないと、美依は笑顔で言いました。

 

しかしこうも前向きなのに、心に対して微妙な反応を見せたことを美依は指摘します。

 

すると育人は、心にファッションウィークでモデルをしてほしいのだということを打ち明け…その話を、昼休憩から戻ってきたところの心本人が、気付かれずに聞いてしまいました!

 

今回のショーにもピッタリだと美依はアイディアを絶賛!

心の方は、ショーのコンセプトが千雪であることを思い、嫉妬心が拭えず…。

 

そんな中で育人は、心がモデルを辞めて服飾の世界に入ってきた経緯を思えば言いたくないのだと美依に言いました。

それを聞いた心は、自分ならモデルとして千雪に勝てる可能性があるのだと、自信を取り戻します!

 

その時点で心はその場から離れてしまったので、育人は優しさではなく心に無理を言ってEGAOを辞められたら怖いのだと続けたのを聞けずにおり…。

 

研二の方は、BEYONDの日本支社としてシャルの新規獲得案件をどんどん増やしていました。

それを進めていくことに何か狙いがあるらしく…。

<感想>

モデルを辞めてしまうのがあまりにももったいなかった心が、育人のおかげでランウェイに立つことに!

千雪をコンセプトとするショーで、一体何を表現することになるのでしょうか?

お金に対してシビアだった育人が借金を即決したのには驚きでしたが、SNSで拡散される服として、何を発表するのかが楽しみです!

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

 

おすすめの記事