【シャングリラ・フロンティア】最新話35話ネタバレや感想!3月31日掲載

 

2021年3月31日発売の週刊少年マガジンにて掲載された【シャングリラ・フロンティア】の35話のネタバレや感想をまとめていきます!

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【シャングリラ・フロンティア】最新話35話ネタバレや感想!3月31日掲載

ペンシルゴンいわくメンバーがマシだった頃の阿修羅会で、たった一度だけ到達できたウェザエモンの第3段階。

しかしその時は、鎧に亀裂が入ったウェザエモンの咆哮と同時にフィールド全体に衝撃波が放たれ、初手で全滅してしまったとのこと。

 

バフなどで防御を固めていようが即死だったと言うので、打つ手なしと思われますが…ペンシルゴンには何か秘策がある模様。

しかしそれが有効か確信が持てないらしく、もしダメだったら自力でなんとかして避けるようにペンシルゴンは言いました。

 

サンラクがラビッツで聞いたという、死に損ないという言葉。

ペンシルゴンはそれを手がかりとして、ウェザエモンは神代の技術で機械化したサイボークではなく、アンデッドモンスターだというヒントを得たのです。そしてアンデッドに効果的なアイテムと言えば…聖水!

 

ペンシルゴンはこのために、対アンデッドポーションとして最強クラスの特別アイテムを用意していました。

それを浴びたウェザエモンは叫び出しますが…全体攻撃のキャンセルに成功です!

 

ところがここで麒麟も変形して人型に。

オイカッツォは対処法もわからずただ攻撃を回避します。

ウェザエモンは身体が少しずつ崩壊を始めており、どうやら第3段階はウェザエモンが完全に自壊するまで耐えるのが条件のようです。

 

それもまた10分だと仮定し、サンラクは最後の時間制限を耐え抜くことを宣言。

ペンシルゴンにオイカッツォのアシストに回るよう言いました。

 

ペンシルゴンは無茶をしないように釘を刺しつつ、サンラクにその場を任せました。

そう言いつつも、時間制限を待ってしのぐだけではつまらないと内心思っていたサンラク。

 

30分間耐え続けるだけのボスだなんて、ストーリー性を優先したゲームデザインにしても、それではサンラクがこれまでたくさんプレイしてきたクソゲーと同じ。

シャンフロが「神ゲー」ならそうじゃないはずと反撃に出ると…ようやくウェザエモンに攻撃ダメージが通り始めます!

 

20分間耐え続けたプレイヤーへ、ついに反撃のターンがやってきました!

ここでサンラクはラビッツで作ってもらった装備に持ち替え、自壊なんて待たずに倒してやるとウェザエモンに真っ向から対峙するのでした。

<感想>

ここでサンラクがヴァッシュから得た何気ない情報とペンシルゴンの機転が突破口に!

事前の情報収集がものを言うRPGらしさとアンデッドには聖水というセオリーで打開できるあたりが、シャンフロが多くのゲーマーから神ゲーと呼ばれるゆえんなのだと感じられます。

そしてただの避けゲーでは終わらず、いよいよサンラクが反撃する番となり、新しい戦い方を見るのが非常に楽しみです!

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

 

おすすめの記事