【テスラノート】最新話13話ネタバレや感想!3月31日掲載

 

2021年3月31日発売の週刊少年マガジンにて掲載された【テスラノート】の13話のネタバレや感想をまとめていきます!

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

【テスラノート】最新話13話ネタバレや感想!3月31日掲載

ミッキーは手を引けという忠告を聞かなかった牡丹を、CIA所属の人間として見捨てるつもりのようです。

そして遠く離れたビルの屋上にいるオリバーと通信をします。

オリバーはボゼ狙撃のスタンバイができているようです。

 

ミッキーはオリバーが撃ちやすいよう、ボゼをおびき出そうとしますが…それを横で聞いていたテオーネが飛び出します!

自分を殺したいのなら早く雷を落とせと要求。ボゼもそれに応じようとしますが…。

 

そのおかげでオリバーの射程範囲に出てきたボゼ。

ミッキーの合図に応じてオリバーが引き金を引き…撃たれるところをテオーネが体当たりで回避させました!

 

逆上したボゼは感情のままにテスラの欠片を発動させ…しかし雷ではなく、素手でテオーネを殴り飛ばしました。

恩を売ったつもりか、自分が知るテオーネはこんなぬるい真似をするマフィアじゃなかったと。

 

テオーネはボゼの足にしがみつき、さっさと自分を殺して逃げるように言います。

するとボゼはその言葉に応えて、今度こそ雷を発動させ…そこに牡丹が飛び出し、テオーネを救出しました!

 

牡丹は肩の関節を外して縄抜けをしていたのです。

オリバーは狙撃を再開しようとしますが、牡丹がそれを妨害。

この場を自分に任せてほしいと牡丹はミッキーに言いました。自分はテオーネとボゼを仲直りさせたいのだと。

 

ミッキーはそんな牡丹を笑い飛ばしました。ノルウェーでは親子のために危険を冒し、今回はマフィアのために身を挺する牡丹。

プロのスパイなら、世界の命運がかかったこのミッションを達成するため、余計なリスクは排除すべきだと言い…。

 

すると牡丹は、人を助けて世界も救えるのならその方がいいと返します。

仲間も遅れているだけで来てくれると。

 

しかしミッキーは、クルマたちはケンカしてチームとしてバラバラなのを教え、任務は失敗だと伝えます。

ボゼもテオーネと和解させるといった言葉に怒り、雷の力を使い鉄骨で反撃を始め…。

 

ボゼの雷がついにテオーネに向かいます!しかしそれはテオーネを避けて走っていきました。

牡丹の後ろにクルマが登場!

作戦は大成功だと言うのです。

<感想>

牡丹のやり方が甘いというCIAの言い分もわかりますが、人を助けて世界を救った方がいいという牡丹の主張も思わず納得してしまいます。

テオーネを殺すと言いながらそうできないボゼ、確かに和解させられることができればそれが一番ですが…果たしてそれはうまくいくのでしょうか?

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

おすすめの記事