【ヒロアカ】最新話307話ネタバレや感想!3月29日掲載

 

2021年3月29日発売の週刊少年ジャンプにて、【ヒロアカ】の最新話である307話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【ヒロアカ】最新話307話ネタバレや感想!3月29日掲載

3年に進級した傑物学園の真堂と中瓶は、”ダツゴク”による被害の解決にあたっていました。

そしてビルの中に立てこもる一般市民たちを説得し、傑物学園への避難を促しますが…彼らは自分の街は自分で守るという主張をして応じません!

 

真堂は、窃盗犯なら彼らたちで対処できても”ダツゴク”や脳無だとそうはいかないことを言います。

しかし彼らの意志は固く、結局説得に失敗して帰ることになってしまいました。

 

その時、中瓶に真壁からの連絡が入り、2人のいるところに”ダツゴク”が出現したことが知らされます!

別のビルを派手に破壊して登場したのは…タルタロスに収監されていたはずのマスキュラー!

その相手を真堂が引き受け、中瓶には先生への応援要請と市民の避難を指示し…。

 

街を荒らされることに耐えかねて、動こうとする一般市民たち。

中瓶の制止を無視しますが、すぐ傍のビルに真堂が吹っ飛ばされてきました。

マスキュラーは次の標的を彼らに定め…。

 

その時真堂は個性の最大威力「震伝動地」を発動!

すると筋繊維を増強させて装甲にする個性を持つマスキュラーは、装甲を増やして真堂をノックアウト。

一般市民たちは真堂を助けるために向かおうとします。

 

するとマスキュラーを圧倒的な力で吹っ飛ばす者が登場!

真堂を抱えたその人物とは…覆面をしている出久でした。

マスキュラーはその声からかつて戦った相手であることを察知し、嬉しそうな表情を浮かべて打ち震えるのでした。

<感想>

傑物学園の生徒たちの再登場でしたが、あまり活躍が見られなかったのは残念。

自警団となった一般市民の対処にも、暴れ回る脱獄犯たちにもかなり手を焼いているようですね。

そんな窮地に現れた出久がとてもカッコよく、マスキュラーとの再戦がどんなものになるのか期待です!

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

 

おすすめの記事