【呪術廻戦】最新話143話ネタバレや感想!3月22日掲載

 

2021年3月22日発売の週刊少年ジャンプにて、【呪術廻戦】の最新話である143話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

前の話 一覧 次の話

 

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【呪術廻戦】最新話143話ネタバレや感想!3月22日掲載

赤血操術で食らったダメージに加えて、人外の血が体内に入ったことから拒絶反応に苦しむ直哉。

そこにやってきた乙骨は、反転術式で治療することを申し出ます。

代わりに、虎杖の死を直哉の口からも上に報告するように取引をして。

 

遠い記憶の中で、虎杖の祖父が赤ん坊を抱えた仁という男性に、ある女性だけはやめておけと忠告していました。

赤ん坊を悠仁と呼ぶ仁は、それに聞く耳を持たず。

虎杖の祖父が言うに、仁は子どもを欲しがっていながら、香織という故人との間にそれが叶わなかったようで…。

 

そんな話をしていると、現在の夏油同様に頭に縫い目のついた女性が割って入ってきました。

その光景を思い出すやいなや、虎杖は目を覚まし…傍らにはたき火をして待っていた乙骨がいました!

 

乙骨は虎杖を見るやいなや、ホッとした様子を見せます。

9月頃に接触した五条から、虎杖のことを頼まれており、一芝居打ったとのこと。

総監部から執行人だと認めさせる手前、虎杖を殺すという縛りを結んだために、一度殺して反転術式で蘇生したのです。

 

そこまでして助ける理由を虎杖が尋ねると、乙骨は大切にしている人たちが大切にしている人物だからだと答えました。

そして自ら招いて大きな力を背負ったのと違い、虎杖が背負った力は虎杖の力でなく虎杖に非はないと言うのです。

 

それでも関係なく自分が人を手にかけたことを気にする虎杖でしたが…そこに伏黒が登場!結界が緩んでいるのを幸いとして、高専に戻り先輩たちと合流するように言います。

しかし虎杖は、自分のことを当たり前のように受け入れる伏黒の姿勢を拒否。

その様子を見る乙骨は、自分が存在していいのかどうか迷っているのだと感じ取りました。

 

しかし葛藤する虎杖に対し、伏黒は虎杖のせいでなく自分たちのせいだと言い返します。

そして自分のことを考えるよりひたすら人を助けることで存在意義を示し続けるのだと、これが虎杖の行動原理だったはずだとして言い聞かせました。

 

そして伏黒は、まず自分を助けてほしいと命令します。

加茂憲倫により仕組まれた、呪術を与えられた者たちの殺し合い”死滅回游”。

それに伏黒の姉・津美紀も巻き込まれているのだというのです!

<感想>

絶望感を与える形で再登場を果たした乙骨でしたが、虎杖を処刑から免れさせるための強力な味方であったことがわかり一安心!

伏黒との合流もできてホッとしました。

そして他の先輩たちの安否が気になるとともに、津美紀が巻き込まれた恐ろしい死のゲームも気になるところです…!

 

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事