【ランウェイで笑って】最新話179話ネタバレや感想!3月17日掲載

 

2021年3月17日発売の週刊少年マガジンにて掲載された【ランウェイで笑って】の179話のネタバレや感想をまとめていきます!

 

前の話 一覧 次の話

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【ランウェイで笑って】最新話179話ネタバレや感想!3月17日掲載

千雪が笑顔になれる服を作りたいと言う育人。

その言葉を聞いて、千雪はいつも通りを演じ続けようと抑え続けた感情があふれ出し、ついに大号泣!

それを育人は優しく抱き留めて受け入れます。

 

千雪はミルネージュのことがあって仕事に行きたくないという気持ち、仕事場に行っても身体がうまく動かないこと、研二に平気なところを見せなければならなかったのにそれができず、パリに行きたいと言えなかったことを、断片的に育人に話しました。

 

育人には千雪のつらさを理解することはできませんが、それでもいつも自分がダメになりそうな時に「大丈夫」と言い切ってくれた千雪相手だからこそ、一つ頼みごとをします。

それは「パリにいきたい」と言ってもらいたいというもの。

 

嘘だって強がりだって構わないからと。

そうすれば…と言いかけたところで千雪は遮り、パリにいきたいという言葉を絞り出しました。

 

今回は言えたと笑顔を作る千雪は、もう泣きたくないから何も言わないでほしいと育人を制止。

そしてファッションウィークについては考えさせてほしいと言って帰るのでした。

 

翌日、ファッションウィークへにEGAOが出展できる合格通知が届きました!

準備期間は3ヶ月ないくらいで春夏コレクションを出すことになります。

 

会場のヒカリエは、かつて柳田のランウェイを歩いた千雪が、次来る時に拍手を全部もらおうと言った場所で…。

育人はEGAOの3人のメンバーへ、お願いを聞いてほしいと言いました。

 

それは会場も服もモデルも一人の女性のためだけに選びたいというもの。

コンセプトを”藤戸千雪”としてファッションウィークに出展したいと、一生のお願いとして頼み込み…!

<感想>

EGAOのファッションウィーク出展が無事受かり、千雪を笑顔にする舞台は整いました!

そこで育人はなんと、ショーのすべてを千雪のために捧げるつもりのようです。

美依も心も育人に特別な気持ちを抱いていますが、このお願いを受け入れてはもらえるのでしょうか?

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

 

おすすめの記事