【神さまの恋人】最新話26話ネタバレ!カフェに現れたのは

 

最新話掲載のヤングマガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!
絵付きで読みたいという方はこちらから

登録時半額クーポン配布や最大50%ポイント還元も

 

2019年9月30日発売の【ヤングマガジン】にて、【神さまの恋人】の最新話である26話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

【神さまの恋人】最新話26話ネタバレ!カフェに現れたのは

智也が罪に問われるかもしれないと、全てを、話すことを躊躇しているジンタ。

店長を殺したアバターは罪に問われるのか、と御堂に訊くと、「問われない」と言われます。

 

そして、店長のほかにもう1人、日本刀で斬られたような跡のある死体があることを伝えられるも、ジンタは本当のことを話すか悩みます。

 

ですが、それを悟ったのか、御堂は罪になど問われんから教えてくれ、というとジンタは全てを話します。

 

そして、ジンタは、逆にVWの能力をリアルに持ち出して起こした犯罪(アイドルが襲われた時のこと)は取り締まれるのか、という質問に対しても、「法的責任を問うことはできないだろう」と御堂が言います。

 

今は「神さまがなんとかするしかない」と御堂。

 

そこに、智也がやってきて、九条が言っていた「誰か」と会うことを話し、御堂も来るよう誘います。

了承する御堂。

 

そして、ジンタたちは、64TOKYOのカフェに向かいます。

待っていると、そこに現れたのは、BDI開発者であり、舞花の父親でもある柊竜星でした。

軽く会話した後、柊は語り出します。

 

その内容は明かされることなく夜になり、現実の世界で、ジンタと智也が2人で話し合う場面に。

「参ったな」という智也。

ジンタは「僕はやるよ」「舞花ちゃんを助けなきゃ」などと話していると、店長を真っ二つにした腕を鎌のようにできる男が襲撃にきます。

 

64TOKYOでできていた通り、智也が日本刀を出して応戦。

ジンタも得物を巨大化させて、相手の腕を落とすことに成功し、男は逃げていきました。

 

一難去って、尻餅をつく2人。

そして「御堂に連絡を取ろう」というところで終わります。

 

最新話掲載のヤングマガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!
絵付きで読みたいという方はこちらから

登録時半額クーポン配布や最大50%ポイント還元も

おすすめの記事