【アルキメデスの大戦】最新話187話ネタバレ!米側の提案でニューヨークに行くことに

 

最新話掲載のヤングマガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

 

2019年9月30日発売の【ヤングマガジン】にて、【アルキメデスの大戦】の最新話である187話が掲載されました。

その内容をまとめていきます

【アルキメデスの大戦】最新話187話ネタバレ!米側の提案でニューヨークに行くことに

マッカーサーとの会話を終え、部屋に戻る櫂。

「1人にしてほしい」と伝え、1人部屋で例のアイディアを考えます。

 

交渉は8回で、次が4回目。

後3回のうちに思いつかなければと、考えます。

 

4回目の会談に思いつかず、会談もなんの進展もなく終わります。

 

いつもと様子の違う櫂に、大使の堀内が「なにかお悩みでも?」と、声をかけるも、櫂はなにも話そうとしません。

 

結局、7回目の会談がなんの進展もない状態で終わってしまいます。

そんな状況に、米側は経済制裁の強化に踏み込もうと話し合います。

ですが、経済学者のエリック・ガードナーが「日本代表団を2日ほどニューヨークに案内させてみては?」と提案します。

それは、

 

  • 一時休戦状態に入り、国力の差を見せつける
  • 付け入る隙が生まれるかもしれない

 

というため。

大統領もそれに賛成し、すぐに、日本側につたえます。

 

その提案に、驚く日本代表団。

牟田口はその提案に賛成しますが、堀内がすぐに「罠」だと伝え、断るように強く言います。

 

ですが、櫂は「その話を受ける」と言い、「初めて君と意見があったな」と喜ぶ牟田口。

 

堀内は反論しようとするも、牟田口に抑え込まれてしまいます。

堀内が、なぜ櫂がこの話を受けたのか、と疑問に思う中、日本側は皆でニューヨークに行くことになりました。

 

櫂の狙いは「環境を変えるため」。

思い切って環境をかえることで、アイディアのヒントを掴みたい!と考えていました。

 

そして、マンハッタンに案内され、その光景に驚くところで終わります。

 

最新話掲載のヤングマガジンを読むなら【まんが王国】がお得です!

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

おすすめの記事