【MFゴースト】最新話136話ネタバレや感想!藤原拓海の十八番

 

先頭の3台に激しい順位変動が起こる中、隙をつくように赤羽を抜かすことができたカナタ。

ですが、アンダーステアが起こるなど、とうとう86に限界が近づいており…。

 

2021年3月15日発売のヤングマガジンに掲載された【MFゴースト】の136話のネタバレや感想をお伝えします!

 

前の話 一覧 次の話

 

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【MFゴースト】最新話136話ネタバレや感想!藤原拓海の十八番

ファイナルラップも残すところあと半周。

場面は坂本と相葉の争いから始まります。

 

いつもであれば、相葉はタイヤを使い切って失速している頃であり、今回はその兆候が見られないことに不安になる坂本。

数々の選手がアクションを起こしている3番セパレートに差し掛かり、相葉が何かをやりそうだと実況されるも、何も起きません。

 

実況の声を聞きながら、そんな器用なドライバーじゃねぇ、と相葉はむすっとするのでした。

 

そして場面は先頭グループへ。

ちょうどカーブでカナタが攻めているところです。

なんともあっけなく、カナタはベッケンバウアーと沢渡の2台抜きをするのでした。

 

実況も、沢渡も何が起こったのか理解できません。

秋山はそのカナタの技術を解説します。

それはアスファルトと路肩の境目にある段差を利用するというもの。

これはカナタの師である藤原拓海の十八番だったテクニックです。

 

先頭に躍り出ることができたものの、それをみた奥山はタイヤのグリップが苦しくなってきていることに気づきます。

これまで一度も見せたことのない技ばかりで、それを使わざるを得ない状況なのかと考えているようです。

 

沢渡同様、ベッケンバウアーにも動揺があるようです。

平静を取り戻すよう自身に言い聞かせるベッケンバウアー。

「一つミッションが増えただけ」と考えるのでした。

感想

とうとうカナタがやってくれました!

まさかの2台抜き、ですがその描写は案外あっさりしたものでした。

あのすました顔のベッケンバウアーが驚いて動揺する表情をしていたのはなかなか珍しいですね。

 

まさかここまでやってくれるとは思っていませんでしたが、そろそろタイヤがやばそうです。

レースも残り僅かなので、果たしてこのままゴールまで走り切ってくれるのか。

次回のタイトルが「並走」となっており、もしかしたら僅差で負ける、なんて状況にもなりまねませんね。

 

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事