【EDENS ZERO】最新話133話ネタバレや感想!3月10日掲載

 

2021年3月10日発売の週刊少年マガジンにて掲載された【EDENS ZERO】の133話のネタバレや感想をまとめていきます!

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【EDENS ZERO】最新話133話ネタバレや感想!3月10日掲載

エデンズゼロのVR訓練場にて修行に励むシキたち。

ゼノリスはそれぞれの戦い方に合ったアドバイスを投げかけ、シキに重力とは心の重さなのだと説きます。

 

心が強ければそれだけ重力が重くなり、その一方で主さに耐えうる心の平穏が必要となる。

心の強さと平穏のバランスが重要となり、それが取れなければ重力は闇の方向に落ちていき、その咲にはジギーがいるのだと。

 

ただ一人拘束されながらエーテルギアが発動できないレベッカは、ウィッチにお風呂でも縛られてしまいます。

そこにシスターも参戦してとんでもない展開となりそうですが…そこから7日分の描写がスキップされてしまい、シキたちがフォレスタを離れる時がやってきました。

 

ゼノリスはシキについて行かず、フォレスタにいることを選びます。

しかし気が向いたらいつでも修行をしに来るようにとシキに告げるゼノリス。

 

ウィッチはゼノリスがジギーと最後に会った15日前のことを尋ねました。

するとゼノリスは、その時四煌星は同席しておらず、ジギーは一人だったと証言。

やはりその時に何かがあったのかという疑惑が強まり…。

 

エデンズワンでは、ジギーがエデンズゼロのクルーたちをモニタリングしていました。

魔王四黒星のクラウンは、フォレスタの制圧失敗も気にしない様子のジギーに、かつての家族と戦う決心が鈍ったのかと問います。

しかしそれを聞いて軽く笑い飛ばすジギー。

 

記憶を失っていたジギーは、それを取り戻したくてマザーを目指したものの、発見した赤子のシキを自分の記憶より大切な何かだと感じたため、育てることにしました。

しかしエネルギーが切れた後でジギーは蘇り、すべての記憶を取り戻したことでシキに惹かれた理由と殺さねばならない理由も思い出したのです。

 

ジギーは、シキは機械だけでなくこの宇宙すべての脅威であり、この世界に存在してはいけないのだと言います。

そして人類に鉄槌を下すため、まずはネロの帝国を奪い葵宇宙を手に入れるのだと言い放ちました!

<感想>

レベッカのお色気修行シーンがスキップされたのが実に惜しいですね。

しかしここでジギーがクローズアップされたことで、物語の深みがさらに増してきています!

果たしてジギーがシキに執着する理由とは何なのか、シキは一体何者なのかが気になるばかりです。

 

最大50%ポイント還元やキャンペーンで半額以上お得に読めるのはココだけ!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事