【MFゴースト】最新話135話ネタバレや感想!アンダーステア

 

1位に躍り出た赤羽ですが、あっという間に沢渡が1位を取り戻します。

そしてそのすぐあと、ベッケンバウアーも赤羽を抜き、2位に浮上するのでした。

2021年3月8日発売のヤングマガジンに掲載された【MFゴースト】の135話のネタバレや感想をお伝えします!

 

前の話 一覧 次の話

 

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【MFゴースト】最新話135話ネタバレや感想!アンダーステア

赤羽があっさり抜かれてしまったことは、赤羽に原因があるのではなく、二人の技術が抜きんでているだけなどと実況が解説するシーンから始まります。

今年は若い世代のレベルアップのスピードに、中堅、ベテラン層がついていけていないようです。

2位と3位の差はあっという間に開いてしまいました。

そして車をぶつけることなんてなんとも思っていないような二人の運転に、赤羽は悔しさを覚えるのでした。

 

前に気を取られている赤羽ですが、カナタの接近に気づいていません。

赤羽とカナタ、2台が並ぶような形になり、ようやく赤羽はカナタのことに気づきます。

 

三つ石コーナーに入り、カナタの86がインサイドから攻めます。

非常に狭い道であり、緒方と奥山が青ざめた顔で見守る中、なんとかぎりぎり赤羽を抜かすことができました。

そのカナタの走りを見て、キレッキレだと実況されます。

 

ですがカナタはイメージしていたラインより出口でわずかに膨らんだことを気にしていました。
(わずか1センチレベル)

アンダーステアが始まったと心の中でつぶやくのでした。

 

そして、カナタが先頭グループに追いつくシーンで終わります。

感想

カナタの怒涛の追い上げ回でした。

ようやく先頭グループに追いついたものの、86がそろそろ限界を迎えそうな感じですね。

 

ちなみに知らない人に説明すると、アンダーステアとは、ステアリングの蛇角に対して車体が曲がらない状態を指します。 

ようはスピード出しすぎているときに、曲がり切れない、というような状況の事です。

 

雨や雪などでスピードを出しすぎていると、こういったことになりやすいですよね。

タイヤの摩擦力が遠心力に負けてしまうとこのようなことになるんです。

 

今回の86も、タイヤを使いすぎているため、この摩擦力がなくなってきているのだと思います。

こんな状態で、先頭グループに一矢報いることができるのでしょうか!?

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事