【ヴィンランド・サガ】最新話165話ネタバレや感想!トルフィンとうとう帰還

 

最新話掲載のアフタヌーンを読むなら【まんが王国】がお得です!
絵付きで読みたいという方はこちらから

登録時半額クーポン配布や最大50%ポイント還元も

 

2019年9月25日発売の【アフタヌーン】にて、【ヴィンランド・サガ】の最新話である165話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

164話のネタバレはこちら!

【ヴィンランド・サガ】最新話165話ネタバレや感想!トルフィンとうとう帰還

165話ネタバレ!

出航の時、アスレッドがシグルドの子分たちの名前を一人一人呼んで行き、

 

「シグルトはすでに跡取りじゃない」
「従う理由はない」
「そう言うことを理解しているのか」

 

などと聞きます。

 

ですが、「シグやん一人じゃ舵とることも出来ないでしょ」と一言。

 

ハトルゲルドは、

『シグルドが小さい頃、喧嘩が弱かったのは『優しい』から無意識に手を抜いていた』

などといい、

子分たちもそれに同意し、

 

  • ハーフダンのようにならなくていい
  • 喧嘩の弱いシグルドが好き

 

などとシグルドに伝えます。

 

そんな言葉にシグルドは照れて、「ごちゃごちゃうるせー!」と大声をあげてごまかします。

 

去って行く息子をみるハーフダン。

 

その横に、アスレッドがきて

 

「トルフィンが生きていたら彼を支援してほしい」
「アイスランドを豊かにしてくれるかもしれない」

 

という、シグルドからの伝言を伝えます。

 

〜2年後〜

トルフィンの故郷であるアイスランドでは、武器を持って海沿いに集合する村人の姿が。

どうやら、6隻ほどの船が島に近づいているようです。

 

「船団が襲いにくる」という伝言がありましたが、商人かもしれない船団をみて、「最初に言った奴は誰だ?」と困惑します。

最初に言いだしたのはユルヴァであり、「ハーフダンが仕返ししにきたんだ」とかなり興奮して目が血走っている様子です。

 

ユルヴァの言葉に、村人も弓矢を集めて、開戦の準備をします。

 

船団の先頭では、何者かが手を振っているにも関わらず、ユルヴァは気にする事なく先制攻撃を仕掛けます。

 

弓矢が刺さる船をみて、村人たちは「やっぱり何か違う」と攻撃の手を止めます。

 

すると、船団の先頭にいる人物の「トールズの子トルフィンだ!撃つな!」という声を聞こえてきて、ユルヴァも正気に戻ります。

 

「俺たちは敵じゃないぞ!」

と声をかけつつ、「何ちゅう出迎えだ」とトルフィンがぼやくところで終わります。

 

 

最新話掲載のアフタヌーンを読むなら【まんが王国】がお得です!
絵付きで読みたいという方はこちらから

登録時半額クーポン配布や最大50%ポイント還元も

おすすめの記事