【あやかしトライアングル】最新話34話ネタバレや感想!3月1日掲載

 

2021年3月1日発売の週刊少年ジャンプにて、【あやかしトライアングル】の最新話である34話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

【あやかしトライアングル】最新話34話ネタバレや感想!3月1日掲載

祭里は真夜中の特訓に励みながら、前世のすずと画楽の因縁についてモヤつきを感じていました。

同時刻に入浴中のすずは、先代の妖巫女の能力について画楽にもっと話を聞きたいと考えており…。

 

先代は塵塚怪王を封印できたとのことですが、すずにできることと言えばオモカゲを利用して、洗いにくいところに手が届くくらい。

その便利さを満喫しながら、妖巫女としてのスペックを高める決意をするのでした。

 

翌日の学校で、すずは画楽のところに行こうとしますが、祭里は二ノ曲と話しに行ったようです。

それを聞いたすずはどこかに走り去っていき…。

 

祭里は画楽と前世のすずの仲が気になっていたことを二ノ曲に相談していました。

二ノ曲は”前世からのフラグ”が厄介であることを理解しつつも、”幼なじみ”がそれに勝ることを祭里自身が証明すればいいとアドバイス。

 

二ノ曲は純愛系のマンガや小説を愛読していることからこのような助言ができたようですが、祭里はそれに元気づけられます。

そんな2人や校内をうろつくシロガネに見えないないかが忍び寄っているようですが…2人は息ピッタリで気配を察知したものの、その正体を突き止められませんでした。

 

その頃すずは強くなるために画楽へアドバイスを求めますが、祭里とのことをからかわれてしまいます。

しかしながら先代が訓練のために”折神”を使ったのだと言い、飛ばすだけで満足していないかと画楽に指摘され…。

 

その光景を遠くから見ていた祭里は、内心焦っていました。

そこにやってきた弥生とルーシーは面白がり、さらに祭里を追いかける男子たちまで。

なんとか逃げおおせた祭里ですが、そこでまた何者かの視線を感じます!

 

祭里はすずと合流し、見えない何者かがいることを警告。

するとすずは試しに折神・犬を生み出し、位置の特定に成功すると奴さんで捕らえます!

すると現れたのは姿を隠す忍具を使っていた恋緒!先日の祭里の余裕のなさが気になって、調査しに来たのだと言います。

 

祭里の悩みだらけの学園生活をパートナーとしてサポートするため、事情を知った恋緒は校長である祖母を頼り転入してくるのでした!

<感想>

すずが妖巫女として強くなる手がかりを得た一方で、すずの恋敵・恋緒が転入!

二ノ曲や画楽の存在に加えて学校でのトライアングルもますます複雑化する中で、祭里・すずの学園生活は今後どうなっていくのでしょうか…?

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

おすすめの記事