【戦隊大失格】最新話4話ネタバレや感想!2月24日掲載

 

2021年2月24日発売の週刊少年マガジンにて掲載された【戦隊大失格】の4話のネタバレや感想をまとめていきます!

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

【戦隊大失格】最新話4話ネタバレや感想!2月24日掲載

「ウルトライガー」との戦いから1週間が経ち、日曜決戦の時間がやってきてしまいました。

町は盛り上がりますが、桜間は戦闘員Dのことを止めるために手段は選ばないと、匿名の電話で大戦隊の内部告発を試みます…!

 

一方で戦闘員Dは錫切と一緒におり、赤刎そっくりに擬態してみせます。

狙いはレッド部隊駐屯地にある神具。神具とは全5種類あるドラゴンキーパー専用の変身アイテムであり、神がかり的な力を持っています。

 

ニセモノのパフォーマンスである日曜決戦は、本物の神具からドラゴンキーパーたちが離れる唯一の機会。

その隙にレッドの神具を盗み出してしまおうという算段なのです。

 

錫切のナビにしたがって、神具のある部屋へと向かっていきます。

なぜ神具の在処を錫切が知っているのか気になる戦闘員Dですが、女の勘だとはぐらかされてしまいました。

 

神具が保管されている部屋の前に、朱鷺田が座っていました。

怪人をザコ呼ばわりする朱鷺田ですが、戦闘員Dは平静を装ってこらえきります。

そして部屋に入り、ゴルフクラブと一緒に無造作に立てられている神具を発見し、手に取りますが…。

 

その時、後ろから朱鷺田が話しかけてきました。

いつもと匂いが違うということで疑いを持っていた朱鷺田は、本物のレッドなら避けられるという不意打ちで戦闘員Dの頭部を背後から撃ったのです!

 

おかげで変身がバレてしまい、何度も頭部を撃ち抜かれます。

そして不死の怪人とは違い命に限りがあるからこそ、自分たちは成長できるのだというそれっぽい口上を述べ、戦闘員Dをなぶりました。

 

さらには戦闘員Dに止めを刺すために神具を使おうとする朱鷺田。戦闘員Dは命乞いをしますが、朱鷺田は聞く耳を持ちません。

すると戦闘員Dはダイナマイトを取り出し、狙いを誤れば朱鷺田が木っ端微塵だと脅します!

 

朱鷺田は戦闘員Dを卑怯呼ばわりし、一度腹を割って話そうと持ちかけます。

すると戦闘員Dは、怪人は世界征服に来たのだと言い、マッチに火を点け…思わず自分を庇った朱鷺田を、ゴルフクラブで吹っ飛ばしました!

 

朱鷺田を撃退し、神具を持って通気口を通っていく戦闘員D。

通信越しで錫切に手放しで褒められ、変な気分になりますが…通気口を抜けた時、戦闘員Dの目の前にレッドキーパーとなった赤刎が立ちはだかっていました!

<感想>

いきなりの超危険任務でしたが、錫切の支援と戦闘員Dの高い変身能力や機転で、レッドの本拠地から首尾よく神具を盗み出すことができました。

しかし大本命の赤刎に見つかってしまうという最悪の展開…。

果たして戦闘員Dはこの窮地を抜け出して、神具を奪い去ることができるのでしょうか?

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

おすすめの記事