【呪術廻戦】最新話139話ネタバレや感想!2月22日掲載

 

2021年2月22日発売の週刊少年ジャンプにて、【呪術廻戦】の最新話である139話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

前の話 一覧 次の話

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

【呪術廻戦】最新話139話ネタバレや感想!2月22日掲載

夜の東京のひらけた人気のない道路上にて、虎杖は数回大きく手を鳴らして呪霊を呼び出しました!

街中を走り抜けてトンネルの中へと誘導。

そこには脹相がおり、穿血で呪霊を仕留めます。

取りこぼした呪霊に虎杖が拳をたたき込み、呪霊討伐が完了しました。

 

脹相は、かつて敵として戦った時とは違い、パワフルさに繊細さが加わって、呪力操作も膂力も段違いに向上している虎杖を内心で鬼神に例えます。

そして、さすがは自分の弟だと言い、虎杖の父の額にも縫い目があったことを思い出すように言うのです!

 

その言葉に驚く間もなく、2人の元に直哉が登場!

伏黒の姿がないことを残念がりつつ、五条の後ろ盾をなくした虎杖に死刑が課されたことを通達。

しかし自身は伏黒の命が目当てであると公言する直哉は、ただ虎杖の動きを封じようとして交戦開始!

 

直哉は虎杖を探している伏黒が目当てであることを、虎杖たちに隠しもしません。

そして虎杖も捉えきれないほどの速度で攻撃を加える直哉は、虎杖と脹相の二人がかりでも手に負えず。

しかし直哉の方も虎杖の実力が想定以上だと認め、速度を上げようとしますが…。

 

その時、五条のものかと見まごうほどのすさまじい呪力でありつつ、恐ろしく不気味な何かの気配を虎杖・脹相・直哉が感じ取りました!

虎杖が思わず振り返ると、そこに姿を見せたのは…乙骨!

乙骨の視線は虎杖の姿を真っ直ぐに捉えつつ、虎杖が一人ではないことを意外そうにつぶやくのでした。

<感想>

ついに直哉との戦いが勃発したかと思いきや、続いて乙骨も乱入してしまいました。

2人の強力な追跡者と対峙することとなり、虎杖は無事でいられるのでしょうか?

脹相がここで犠牲となってしまうのか、それとも両面宿儺がまたしても開放されてしまうのか…まったく予想ができない展開です!

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事