【クーロンズ・ボール・パレード】最新話2話ネタバレや感想!2月22日掲載

 

2021年2月22日発売の週刊少年ジャンプにて、【クーロンズ・ボール・パレード】の最新話である2話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

【クーロンズ・ボール・パレード】最新話2話ネタバレや感想!2月22日掲載

強豪・白鳳のセレクション合格を蹴って、小豆田の元に駆けつけた龍堂!

そもそも何者かと小豆田に問われ、龍堂は身の上話を明かします。

 

龍堂は田舎の養護施設で育った身。

周りにはずっと年下の子しかおらず、遊び相手にはなりませんでした。

そんな中でブロック塀に向かいひたすらボールを投げることだけが、幼い龍堂の楽しみで…。

 

ある日、高校野球の試合がテレビで放送されているのを見た龍堂は、自分がピッチャーとしてマウンドに立つことを想像するようになります。

そこには最高の仲間がおり、ピッチャーは野球を熟知した頭脳派選手!

セレクションの際に小豆田と組んだことで、龍堂は小豆田こそが思い描いていた理想のキャッチャーだと感じたのです。

 

まるで軍隊のような白鳳は息が詰まってしまう。

そう思ったから龍堂は白鳳を蹴りました。野球のことが大好きな小豆田と一緒にプレーしたいという気持ちを伝える龍堂ですが…

小豆田も同じ気持ちでありながら、その申し出を受け入れることができません。

 

9月末となった現在、有望とされる選手はみんな進路が決まっており、龍堂の言うようなすごいメンバーを集めることができないから。

さらには高校野球で一緒に組むには通学・学力・学費といったさまざまな問題が立ちはだかります!

 

夢を語る龍堂に対し、真剣だからこそ現実を伝える小豆田。

そして龍堂の才能を無駄にしたくないがゆえに、今からでも白鳳に行くことを強く促し…。

 

そんな時、突然段ボールをかぶりセーラー服を着た女の子が乱入します!

そして小豆田の全身をもみまくって、小柄ながら鍛えられた身体に「合格」を進呈。

彼女は龍堂のことも、白鳳のセレクションに潜入して見ていたのだと言いました。

 

2人のことを野球選手として高く評価し、2人をゴールデンバッテリーと称賛する彼女は、黒龍山高校の理事長の孫娘で、現在高校一年生だという黒滝かりんと名乗りました。

そして龍堂が語った最高のチームを創る夢を、黒龍山の野球特待生として叶えないかと勧誘します!

<感想>

小豆田の言うとおり、本人たちが願っても一緒の高校に進学して野球をするにはたくさんの障害が存在します。

それをどう解決するのかと思っていたら、まさかの展開に!

押しの強い美少女ヒロインの登場で、一気に物語が動き出す気配を感じました。

おすすめの記事