【あやかしトライアングル】最新話33話ネタバレや感想!2月22日掲載

 

2021年2月22日発売の週刊少年ジャンプにて、【あやかしトライアングル】の最新話である33話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

【あやかしトライアングル】最新話33話ネタバレや感想!2月22日掲載

学校が終わった祭里は、画楽に先代の妖巫女についてもっと聞きに行こうと誘うすずを阻止し、行きたいところがあるから付き合って欲しいと頼みます!

それはもし先代の記憶が戻ってしまったら、自分に恋愛面での勝ち目がなくなってしまうと危惧してのことで…。

 

祭里たちは恋緒の元に行き、塵塚怪王にやられて修理に出した祓忍装束を受け取りました。

用事があっさり終わってしまい、今からでも画楽のところに行くことになりかねないと焦る祭里。

 

とっさに自分が女子の身体であることを利用して、女子っぽい服が欲しいと言い出します!

すずは引いてしまいますが、それを聞いた恋緒がノリノリに。

 

それによって、恋緒を恋敵として警戒するすずも釣れて、3人で服屋さんへ向かいます!

祭里が試着室で待っている間、すずは祭里が二ノ曲と怪しい雰囲気なことと併せて、性醒流転の術が心にも効いているんじゃないかとシロガネに問い詰めますが…。

 

シロガネは効果があるのは肉体だけだと否定。

恋緒は肉体に精神が引っ張られている可能性があるとし、自分は祭里が男でも女でもOKだと迷いなく言ってのけました。

 

大事なのは中身という考えはわかりますが、やっぱりすずは元に戻すという誓いと、男としての祭里への下心があり…。

 

一方の祭里は女子の服を着るのに抵抗を感じていましたが、恋緒が一歩踏み出す勇気が湧く「ふんぎりの香」を焚いたことで、あらゆるジャンルの服を着こなしていきます!

そんな中、二ノ曲が異魂を追ってお店に乱入!

 

一瞬で祓われたものの、かすかな妖気を感じ取った祭里が試着室から出てきます。

その姿は二ノ曲を真っ赤にさせ、すずとシロガネを驚愕させ…。

 

なんと、恋緒がヒラヒラの下着を紛れ込ませており、まんまと引っかかってしまったのでした!

<感想>

祭里・すずを取り巻くトライアングルはさらに大混線!

すずと画楽の関係に祭里が警戒し、祭里と恋緒の関係にすずが警戒し、祭里と二ノ曲の関係にすず含め3人が戸惑うカオスな展開となってきています。

本当に祭里が心まで女になったとしたら…それはそれで楽しそうですね!

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

おすすめの記事