【灼熱のニライカナイ】最新話31話ネタバレや感想!2月22日掲載

 

2021年2月22日発売の週刊少年ジャンプにて、【灼熱のニライカナイ】の最新話である31話が掲載されました。

その内容や感想をまとめていきます!

 

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

【灼熱のニライカナイ】最新話31話ネタバレや感想!2月22日掲載

海底遺跡の外で待機する櫂・松濠・マルユッカに、チャコが攫われてしまったことと教団幹部2名が向かっていることが伝達されます。

彼らに下ったのは、「海神の断片(ポセイトラコン)」の使い手を含む2人から、チャコを無傷で回収するという無茶な任務ですが…。

 

神宮寺が通信でここが正念場だと激励を送り、鮫島がナズマを単体で仕留めたことを知らせてうまく3人を煽ります!

そしていよいよクロト・ラケシスと呼び合う沖浦・奥菜が交戦しようとしますが…。

 

その時、チャコがチャコではない何者かの言葉で、それ以上「海神の断片(ポセイトラコン)」の脚を使ってはいけないと忠告します。

その隙に3人がかりで襲われてしまったため、奥菜は脚の力を躊躇なく使い…!

 

チャコはその身体にポセイドンを降神させているようです。

そして自分の身体を壊されまいと、沖浦に呼びかけて奥菜から「海神の断片(ポセイトラコン)」を取り戻そうとします。

ポセイドンは動きやすくするために、チャコの身体を進化させると言いだし…!

 

これまで必中だった奥菜の攻撃をかわした海機捜の3人。

奥菜はもう一度攻撃しようとしますが、突然の激痛に苦しみだします!

 

チャンスとばかりに3人は奥菜を取り押さえようとしますが…その時チャコの身体が立ちはだかり、櫂の伸ばした指がベキベキと折れていきます!

 

3人と奥菜が目撃したのは、身体が成長したチャコの姿!

そしてポセイドンとしての意識が語りかけるのでした。

<感想>

ついにチャコの巫女としての力が目覚めてしまったのか、ポセイドンが降神してしまいました。

もはや教団の儀式遂行は避けられない様子。このまま教団の思惑通り、ポセイドンの力で世界が海に飲み込まれてしまうのでしょうか?

 

▼無料で漫画を読むならこちら▼

 

無料登録後、すぐに1350円分のポイント付与!

 

おすすめの記事