【墜落JKと廃人教師】最新話38話ネタバレや感想!

 

最新話掲載の『花とゆめ』を読むなら【まんが王国】がお得です!

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

 

2019年9月20日発売の花とゆめにて、墜落JKと廃人教師の最新話である38話が掲載されました。

その内容をまとめていきます!

 

▼漫画を全巻無料で読めるか調査しました▼

【墜落JKと廃人教師】最新話38話ネタバレや感想!

失恋を苦に自殺しようとした扇言は、教師の灰原 仁に止められ、「死ぬ前に俺と恋愛しない?」と迫られます。

しかし、彼は校内で灰仁(はいじん)とアダ名されるダメ教師。

翻弄される扇言との関係は?

 

キスマーク事件後、不登校生徒の元へプリントを届けに来た扇言。

相手は、板見薫子。

アザだらけの外見で、なんだかおっとりした彼女。

 

アザの理由を聞けない扇言の前で、薫子は自分で棚に足をぶつけてうずくまってしまいます。

そこに、不登校生徒の家庭訪問、とうそぶいて灰仁もやって来ます。

 

堂々と薫子の怪我について尋ねる灰仁。

「ああ、こけたりぶつけたりよくするの」

という彼女に、マジでドジゆえか、と笑いかける灰仁に被さるようにセリフは続きます。

「7割は自分のドジのせい、3割は彼氏の愛情表現」

という薫子の様子に、灰仁は帰りたがりますが、結局は上がって塩味の紅茶を飲む羽目になります。

 

修学旅行のプリントを渡す扇言に、行かないからいいのに、と答える薫子。

その理由としては、彼と会えなくてなるから、と話します。

3泊4日でも?と聞き返す扇言に、4日はきつい、と同調する灰仁。

呆れる扇言に、お前は平気なの?と聞き返す灰仁は無視して怪我について話しを進める扇言です。

 

理由は、彼氏の暴力ではなく、曲が出来ないと叩き割ったギターが飛んできただけで、その曲は自分のための曲だからこの傷も愛と思ってる、彼は夜にバイトしてるので昼間にしか会えない人だということを聞きます。

「私の居場所は、彼だけなの、怪我なんてしょっちゅうのドジばっかりで、頑張っても認めてもらえない、親からも友達からも見放されて誰にも必要とされなくかなった自分でも、彼は俺の曲を聴いてくれるならそれでいいって言ってくれた」

そんな話しを聞いて、灰仁は自分も好きな奴のために授業サボった事がある、と同調してしまいます。

 

依存だとわかっていても止められない。

扇言の様子を見て

「俺、うまい弁当が食いたい」

と謎の言葉を残して灰仁は先に帰ります。

 

扇言が薫子の手当てをしながら周囲を見回すと、料理の本やメモに気が付き、灰仁の言葉の意味に気が付きます。

薫子の事を受け止め、自分の好きな、問題大有りの人物について相談する扇言。

 

数日後、薫子に料理を教わっているという扇言が、灰仁に弁当を差し出します。

「今日、板見さん学校来てますよ」と伝える扇言。

まんまと第二の依存先にされて怒ったか、と聞く灰仁に、お友達だ、とサラリと答える扇言。

 

「依存することの何もかもがわるいことだとは思ってません」

と立ち去ります。

「俺も、お前なんかよりずっと昔からそう思ってる」

 

と呟く灰仁で終わってます。

感想

ダメ教師のようでちゃんと人を見ていて、不登校生徒の薫子ちゃんを、無理なく登校させる灰仁。
カッコいいですね。
ミュージシャンだという薫子の彼氏も見てみたいです。
名前は明かさずとも、灰仁の事を好きな人として薫子に相談した扇言の心理的変化が、これから楽しみです。

 

最新話掲載の『花とゆめ』を読むなら【まんが王国】がお得です!

▼今すぐお得に漫画を読むならこちらから▼

最大50%ポイント還元でイッキ読みがお得!

 

漫画をお得に読める裏技をご紹介しております。
▼詳しくはこちらから!▼

おすすめの記事